ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. 回収・リサイクル
  5. 回収・リサイクルの取り組み
ここから本文です。

回収・リサイクルの取り組み

NECの回収・リサイクルへの取り組みの歩み

NECは1969年より法人のお客様から使用済みとなったコンピュータなどの情報通信機器を回収し、再利用、再資源化しています。
2001年4月「資源の有効な利用の促進に関する法律」が改正され、企業から排出される使用済みパソコンの回収・再資源化が義務化されましたが、NECでは「広域認定産業廃棄物処理者(※)」の資格を活用し、法律の施行と同時に他社メーカーに先駆け、メーカーによるパソコンの回収サービスを行っています。
なお、回収・再資源化については有償とさせていただいています(PCリサイクルマーク付きパソコンを除く)。
回収した使用済み製品(HDDなどの記憶装置)は、機能破壊処理を行っていますので、情報漏洩の可能性はありません。

(※)広域認定産業廃棄物処理者:製造者が使用済み製品を、既存の物流システムを利用して回収再生できる資格。NECグループは2000年5月、電機関連業界で初めて本資格を厚生大臣(当時)より取得し、使用済み情報通信機器の回収・3Rの運用を実施しています。〔認定番号:第258号〕

NECの回収・リサイクルへの取り組みの歩み

使用済み製品の回収と再資源化実績

2016年度の使用済み情報機器(コンピュータ、パソコン、プリンタなど)の回収量は、法人系個人系で約5,690トンと前年度比で約6%の増加となりました。再資源化率(※1)は昨年とほぼ同じく99%となっています。また資源有効利用促進法の定義による資源再利用率(※2)も昨年とほぼ同様に93%となりました。今後はプラスチック等の再資源化を推進し、さらなる再資源化の向上を推進していきます。

(※1)再資源化率:
回収された使用済み情報通信機器の全体重量のうち、リユース、マテリアルリサイクル、サーマルリサイクルされた物の重量の比

(※2)資源再利用率:
回収された使用済み情報通信機器の全体重量のうち、再生部品(部品リユース)もしくは再生資源(マテリアルリサイクル)として利用することができる状態にした物の重量の比。(資源有効利用促進法の定義)

回収・再資源化した製品の内訳

パソコン回収・再資源化実績

2001年4月「資源有効利用促進法」が改正され、企業から排出される使用済みパソコンの回収・再資源化が義務化されました。また2003年10月には、家庭から排出されるパソコンについても、同じく回収・再資源化の義務化がされております。
2016年度の使用済みパソコンの回収実績はデスクトップパソコン、ノートパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ合計で約12万6千台となり、昨年度比で約19%の減少となっております。法律で2003年までに達成目標として定められている資源有効利用率については、すべての製品について達成していま す。

デスクトップPC本体

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計
回収重量(kg)(注1) 260,269 442,546 702,815 262,359 430,858 693,217 227,938 378,305 606,243 196,676 161,556 368,232

160,355

178,513

338,869

回収台数(台)(注1) 27,663 39,513 67,176 28,967 40,113 69,080 30,678 36,929 67,607 20,681 23,640 44,321

17,637

18,423

36,060

再資源化処理量
(kg)
537,946 557,413 508,439 245,868

245,065

資源再利用量
(kg)
420,698 444,740 377,399 186,308

192,414

資源再利用率(%)(注2) 78.2 79.8 74.2 75.8

78.5

ノートブックPC

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計
回収重量(kg)(注1) 68,998 162,180 231,178 103,843 172,433 276,276 41,072 206,460 247,532 58,868 94,959 153,827

41,169

122,158

163,327

回収台数(台)(注1) 21,925 35,644 57,569 32,846 40,940 73,786 12,835 44,002 56,837 18,214 33,914 52,128

14,998

29,945

44,943

再資源化処理量
(kg
169,602 228,939 205,532 111,603

130,057

資源再利用量
(kg)
88,359 119,616 115,021 63,394

81,971

資源再利用率(%)(注2) 52.1 52.2 56.0 56.8

63.0

CRTディスプレイ

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計
回収重量(kg)(注1) 59,543 146,530 206,073 31,704 137,464 169,168 48,725 106,278 155,003 13,105 53,287 66,392

9,817

51,013

60,830

回収台数(台)(注1) 4,192 8,769 12,961 2,268 8,271 10,539 3,386 6,735 10,121 970 4,099 5,069

727

2,999

3,726

再資源化処理量(kg) 206,073 169,168 155,003 66,392 60,830
資源再利用量(kg) 142,851 115,481 109,999 51,223 45,093
資源再利用率(%)(注2) 69.3 68.3 71.0 77.2

74.1

液晶ディスプレイ

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計 事業系 家庭系 合計
回収重量(kg)(注1) 160,224 506,428 666,652 211,087 549,033 760,120 131,098 529,624 660,722 117,709 377,404 495,114

119,590

325,958

445,549

回収台数(台)(注1) 17,998 40,385 58,383 17,193 43,479 60,672 19,336 42,700 62,036 23,355 29,655 53,010

15,250

25,952

41,202

再資源化処理量(kg) 495,113 575,939 524,176 370,748

322,138

資源再利用量(kg) 346,415 433,408 397,423 280,903

256,572

資源再利用率(%)(注2) 70.0 75.3 75.8 75.8

79.6

(注1)回収重量および回収台数には、製品リユース(買い取りパソコン)も含む。
(注2)分母は「回収した製品の総重量(製品リユースを除く)」分子は「中古再生部品(ユニット)として再利用されるもの及び鉄、 銅、アルミ、貴金属、ガラス類、プラスチック類等、材料として再利用されるものの重量」

使用済みIT機器の回収量及び再資源化率推移

2014年度の事業系回収量は3,375t、2015年度は4,487tに増加。2014年度の家庭系回収量は1,226t、2015年度は866tに減少。2014年度の再資源化率は98%、2015年度は99%に増加。2014年度の資源再利用率は91%、2015年度は92%に増加。

回収した使用済み製品からリユースした保守用部品数の推移

2014年度は14,947点、2015年度は13,310点に減少

ページの先頭へ戻る