ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. 環境配慮型製品
  5. エコシンボルスター一覧(ハードウェア)
  6. 13年度エコシンボルスター製品
ここから本文です。

エコシンボルスター一覧(ハードウェア)

2013年度は9製品群17製品機種がエコシンボルスターに認定されました。
ハードウェア製品に加え、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)も地球観測に多大に貢献する製品として認定されております。

13年度エコシンボルスター製品

認定製品 適合基準 実績およびアピールポイント
(注:エコシンボルスター取得時点)
人工衛星 第一期水循環
変動観測衛星
「しずく」 GCOM-W1
資源循環:
業界初の技術、システムの導入
技術的優位性:
NECの技術を以て圧倒的に環境負荷削減に貢献
  • 水循環メカニズムを解明するための観測用プログラムを開発し、地球物理量データの提供を可能とし、エルニーニョやラニーニャ現象などの地球規模での環境変化の把握に貢献。
  • 世界最大径・世界最高性能を有するマイクロ放射計により地表や海面、大気などから自然に放射される電磁波を高精度で観測可能。
IO
仮想化技術
ExpEther(10G) 継機種基準3基準全て
(2012年度エコシンボルスター取得品:
ExpEther(1G)後継機種)
  • 世界で初めて”PCI Express over Ethernet”をソフトウェアなしで完全にハードウェアで実現するとともにコンピュータとLAN標準のEthernetとの融合を実現したNEC独自且つ世界唯一の「ExpEther」技術対応製品。また、PCI Express側、Ethernet側、システム特許含め40件程度の特許出願済み。
サーバ 
Express5800シリーズ
Express5800/
R110f-1E、
GT110f-S
(空冷モデル/水冷モデル)
継機種基準3基準全て
(2012年度エコシンボルスター取得品:Express5800/
R110e-1E、GT110e-S
(空冷モデル/
水冷モデル)後継機種)
  • Express5800/GT110f-S空冷モデルでは、コンピュータの標準的な電力効率の比較指標である「SPECpower_ssj(R)2008 ベンチマーク」(※1)において、製品発表時点で世界1位を取得(※2)。
  • 最新インテル(R) Xeon(R) プロセッサー E3-1200v3製品ファミリーを採用し性能を向上させるとともに、NECの培ってきた設計や制御における省電力技術を徹底して製品に取り入れたことにより実現。

(※1):コSPEC、及び、ベンチマーク名称SPECpower_ssjは、the Standard Performance Evaluation Corporation(SPEC)の登録商標。「SPECpower_ssj(R)2008ベンチマーク」はサーバ向け業界標準ベンチマークの1つであり、消費電力あたりのトランザクション性能測定データを基に、サーバ製品のエネルギー効率比較基準とすべく開発/制定されたもの。値が大きいほど電力効率性能に優れる。
(※2):http://jpn.nec.com/press/201307/20130704_01.html
Express5800/
GT110f
継機種基準3基準全て
(2012年度エコシンボルスター取得品:
Express5800/
GT110e後継機種)
  • 筐体内部の冷却効率が最適となる部品配置、筐体内部の温度センサーと連携したきめ細かい冷却ファン回転数制御などにより、搭載部品の温度上昇を抑え、40℃環境動作、低騒音化を実現。
サーバ
ACOS
シリーズ
i-PX9800/
A1LC
地球温暖化防止:
CO2排出削減率
50%以上
  • 従来製品(i-PX9000/A3MY、2008年製品)比 CO2排出量71%削減
  • 現行機比最大3.5倍の性能をもつNEC製プロセッサを開発。LSIの1チップ化、クロックゲーティング※や高効率電源の採用、実装密度向上による筐体数の減少等により、消費電力を大幅に削減。

※演算に関与しない不要ブロックへのクロックの供給を止めることで電力消費を抑える手法
ストレージ
iStorage

Mシリーズ
iStorage
M700
地球温暖化防止:
CO2排出削減率
50%以上
  • 従来製品(iStorage D8-3020、2009年製品) 比でCO2排出量60%削減。
  • 高効率電源(80PLUS PLATINUM)、大容量HDD(4TB)の採用、CPUのメニコア化※により性能当たりの消費電力を削減
  • ストレージ性能ベンチマーク(SPC-1、SPC-2)において同クラス世界No1。
  • 環境温度40℃稼働で電力コスト削減に貢献。
  • 消費電力の「見える化」と自立制御による消費電力低減によりアイドリング時の電力消費を最大限抑制。

※1つのCPUパッケージに多数のプロセッサコアを搭載した状況
スーパーコンピュータ
SXシリーズ
SX-ACE 地球温暖化防止:
CO2排出削減率
50%以上
  • 従来製品(SX-9、2007年製品) 比でCO2排出量90%削減。
  • 従来16CPUで構成されたノードをオールインワンプロセッサの1CPUで構成。CPU単体に4コアを搭載することで高性能化し、電力性能比を改善。
  • 従来製品比で、131TFLOPS※のピーク性能に対して、設置面積は1/5に削減、消費電力は1/10に削減。電気代も2億円削減可能。

※内部に4コアを備え、各コアが64GFLPOS/64GBsの性能を持つプロセッサをノード筐体あたり64個搭載、クラスタあたり8筐体構成とすることで131TFLOPSを実現。
パブリック
ディスプレイ
MultiSync
シリーズ
MultiSync LCD-P703/P801 地球温暖化防止:
CO2排出削減率
50%以上
  • LEDバックライト、薄型電源、バックカバーの板厚薄の採用により薄型、軽量化、低消費電力化を実現。
  • MultiSync LCD-P703は従来製品(P702、2012年製品)比でおよそ68%、 MultiSync LCD-P801は従来製品(LCD8205、2009年製品)比で63%の消費電力削減を実現。
  • バックライト調光範囲を拡大(5%~100%)し、不必要な消費電力を削減。
  • アンビエントライトコントロール(外光センサー)で周囲が暗い時に自動的に輝度を低減し、環境に合わせて最適な輝度設定で無駄な消費電力を削減。
医療用液晶ディスプレイ
MultiSync

シリーズ
MultiSync MD242C2 地球温暖化防止:
CO2排出削減率
50%以上
  • LEDバックライトを使用して省電力型パネルを採用し、従来製品(MultiSync P241W、2011年製品)比で、通常使用時63%の消費電力削減を実現。
  • 医用用途に適した、不要な赤外線を出さない誤動作の少ない人感センサーを新規開発し、人感センサー使用時で77%の消費電力削減を実現。
ビジネス
プロジェクタ
DLPプロジェクタ
NP-L102WJD 地球温暖化防止:
CO2排出削減率
50%以上
  • 従来製品(NP-L500WJD、2011年製品)と同一消費電力で明るさ2倍(500lm→1000lm)とし、LED光源プロジェクタでは業界No1の光利用効率を実現。
  • エコモードを搭載し、標準状態の65%まで低減させた電力で使用可能とした。
ブロードバンドルータ Aterm
MR02LN
地球温暖化防止:
  • CO2排出削減率50%以上、
  • 顧客CO2排出削減に貢献する業界初の技術の導入
  • マイコンの省電力化等により従来製品(AtermMR01LN、2012年製品)比 CO2排出量70%削減
  • LTEモバイルルータで業界初、消費電力最少のBluetooth待機モード搭載により連続待機時間を従来の30時間から200時間に大幅延長。
LTEモバイルルータ Aterm
MR03LN
継機種基準3基準全て
(2013年度エコシンボルスター取得品:
AtermMR02LN後継機種)
  • 低消費電力チップの採用により、充電池容量を従来製品(AtermMR02LN、2012年製品)と同等に保ちつつ、消費電力を削減し、充電池の使用可能時間の延長を実現。
  • 通常のWi-Fiテザリングに加え、Bluetoothテザリングによる省電力インターネット通信を可能とし、従来製品に対し3倍の24時間連続動作を実現。
ビジネスPC
Mateシリーズ
Mate
タイプME
継機種基準
3基準全て
  • フロントマスク、カラーパネル等本体プラスチックの約90%にバイオプラスチック(NeCycle)を使用。
  • 分離型デスクトップPCではNECとして初めてアイドル時消費電力を20W以下とした。
Mate
タイプMG
継機種基準
3基準全て
  • 離席センサでは、ユーザの離席検出時に通常5秒で画面消灯し、さらに1分後にスリープに移行。他社同様機能では、画面オフのみ可能な仕様でスリープまでは対応不可。
ビジネスPC
VersaPro

シリーズ
VersaPro
タイプVD
継機種基準
3基準全て
  • 電源オフ時に消費電力をゼロにする、ゼロワットACアダプタを全数に搭載。また、ゼロワットACアダプタがゼロワット動作時に消灯するLEDも搭載し、省エネ状況が容易に判別可能に。

12年度エコシンボルスター製品

11年度エコシンボルスター製品

10年度エコシンボルスター製品

Top of this page

ページの先頭へ戻る