ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. マネジメント
  5. 環境ガバナンス
ここから本文です。

環境ガバナンス

NECでは、環境ガバナンスを強化するために、管理対象範囲を環境負荷の高い生産会社から、ソフト・サービス系の会社、さらには独立会社を含めて国内外で拡大しました。グループ会社を「子会社」「非上場関連会社」「上場関連会社」の3つに分類し、主要なガバナンスの項目別にその管理レベルを整理しました(下図参照)。

  1. 環境方針や環境中期・年度計画などの方針展開
  2. 環境配慮型製品の開発・設計
  3. 環境配慮型サービスの開発、促進
  4. エネルギーや化学物質などの環境負荷データの収集
  5. ISO14001の認証取得
  6. 他社の事例、法令や業界の動向、日常の業務や運用管理などに役立つ情報の配信
  7. NEC主催する環境教育の受講
  8. ヒヤリハットを含む小さな事故から大きな事故までの情報収集
  9. 環境リスクマネジメント基準に基づく管理の徹底
  10. NECが実施する環境経営監査の受審

環境ガバナンスの区分

管理区分 方針展開(※1) 製品 エコ・ソリューション データ収集(※1) ISO取得(※2) 情報提供 リスク(※1) NECによる監査
事故情報 管理
子会社【非上場会社】※非連結を含む
示達
NECブランド製品はNECエコ・アクションプラン目標を遵守 必須 必須
(※4)
関連会社【非上場会社】【上場会社】
提示・依頼

(※3)

コンテンツ提供

基準提示・依頼
独自判断

○: 遵守 項目、△:推奨項目
(※1):関連子会社を含む。関連子会社には親会社から示達・情報提供
(※2):人材派遣やコンサルティングを業とする会社、事業規模が小さくかつ事業における環境負荷が小さい会社、従業員20人未満の会社は任意
(※3):持分法適用会社は除く
(※4):100%子会社が対象、ただし、コンサルティング業等の会社を除く

ページの先頭へ戻る