ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. 方針・計画・実績
  5. サプライチェーン全体でのCO₂ 排出量
  6. 2013年度
ここから本文です。

サプライチェーン全体でのCO₂ 排出量

2013年度

サプライチェーン全体でのCO2削減に向けて2012年度から開始したScope3対応については、2013年度に一部サプライヤから直接データを収集しデータ精度の向上を図りました。2013年度のNECグループとしてのサプライチェーン全体でのCO2排出量では、カテゴリ15(投資)において、関係会社の出資比率が変更になった影響により算定対象外となり全体量は減っています。2014年度も引き続き、排出割合の大きい、製品の省エネ化と、サプライヤへの省エネ協力依頼を推進してまいります。

サプライチェーン全体でのCO₂ 排出評価結果2013年度のNECグループ全体のサプライチェーンまで含めたCO₂ 排出量

  • 補足:Scope3の集計は、GHGプロトコルイニシアチブが2011年10月に発行した「Scope3 スタンダード」に基づいて行い、みずほ情報総研株式会社による第三者レビューサービスにより、透明性・信頼性を確保しています。

−カテゴリー1  購入した製品、サービス
−カテゴリー2 資本財
−カテゴリー3 Scope1、2に含まれない燃料、エネルギー関連活動
−カテゴリー4 上流の輸送・流通
−カテゴリー5 事業から発生した廃棄物
−カテゴリー6 従業員の出張
−カテゴリー7 従業員の通勤
−カテゴリー8 上流のリース資産
−カテゴリー9 下流の輸送・流通
−カテゴリー10 販売した製品の加工
−カテゴリー11 販売した製品の使用
−カテゴリー12 販売した製品の廃棄後の処理
−カテゴリー13 下流のリース資産
−カテゴリー14 フランチャイズ (※NECでは集計対象外)
−カテゴリー15 投資

ページの先頭へ戻る