ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. 方針・計画・実績
  5. 環境会計
  6. 2014年度
ここから本文です。

環境会計

環境活動のコストと効果を定量的に評価する有力な仕組みとして、1998年より環境会計を集計しています。NECグループにおける環境活動を定量化し、施策単位にコストと効果を分析し、より効率的な環境経営を進めていきます。2005年度集計からは環境省「環境会計ガイドライン2005年度版」に準拠しています。

2014年度

2014年度の集計結果

2014年度の環境保全コストは、投資約0.4億円、費用約10.1億円の計約10.5億円でした。 環境保全活動の物量削減効果については、地球温暖化防止においてCO2 排出量換算で約0.1万トンの減少となりました。

項目 投資費用(百万円) 費用
(百万円)
経済効果
(百万円)
物量効果
事業エリア内コスト 地球温暖化防止 36
113 71 0.1(万t-CO₂)減
資源有効活用 0 0 11 23万t減:化学物質効果
36t減:紙削減効果
資源循環 資源循環活動
(廃棄物の適切な削減、減量化)
廃棄物処理の費用
(廃棄物の適切な処理)
2 372 0 109万t減:廃棄物削減効果
リスクミニマム 公害の防止、遵法管理、化学物質管理 0 47 0
7.0t減:NOX
0.005t減:SOX
1.0t減:BOD
小計 38 532 82 -
上・下流
コスト
環境配慮型製品の設計 1 77
-
使用済み製品の回収・リサイクル・リユース
126 0
小計 1 203 0
管理活動
コスト
管理活動 環境活動にかかわる人件費、人材育成、従業員の環境教育
245 - -
ISO維持、環境監査 0 25 - -
小計 0 270 - -
研究開発
コスト
研究開発

3 - -
社会貢献活動コスト 社会活動 環境改善対策、社会への貢献 0 3 - -
情報公開 0 0 - -
小計 0 3 - -
環境損傷コスト その他 0 0 - -
合計 39 1,011 82 -

環境会計の対象範囲

経済効果の説明

  • 事業エリア内における経済効果については、環境活動によるエネルギー、資材および廃棄物量の削減による経済効果を集計しました。

物量削減効果の説明

環境配慮型製品の設計については、ライフサイクルCO2 排出量でのお客さまの使用によるCO2 排出量の削減量となっています。

ページの先頭へ戻る