ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. DX2000
  5. 仕様
ここから本文です。

仕様

最大8コアのCPU『インテル® Xeon® プロセッサー D製品ファミリー』を採用。
高速なCPU-メモリ間データ転送性能により、インメモリ分散処理に最適なサーバ基盤です。
高さ3Uの筐体に、サーバモジュールを最大44台搭載可能な高集積化を実現するとともに、40GbEx8ポートの高速ネットワークスイッチを2台、冗長電源、冗長ファンを標準搭載し、高可用性と省スペース性、ネットワークボトルネックの無い高速アクセスを実現します。
柔軟にサーバモジュールを追加可能な構造により、初期コストを抑え、サービスの拡大やデータ増加に応じて、必要なリソースを簡単に追加できるスケーラビリティを提供します。

筐体

フォームファクタ 3Uラックマウント
サーバモジュール搭載スロット 最大44スロット*1
(うち22スロットは10G LANモジュール用として、8スロットはPCIeカード用として構成可能)
冗長ファン 対応(ホットプラグ可)
電源 3×1,600W 80PLUS® Platinum取得電源
200VAC ±10%、50/60 Hz ±3Hz
冗長電源 対応(ホットプラグ可)*2
温度条件/湿度条件 動作時:10~35℃/20~80%  ※構成によって40℃まで対応可能
非動作時:-10~55℃ /20~80%
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
W:448×D:769×H:130mm(突起物含まず)
質量(最大) 48kg(スライドレール/ケーブルアーム含む)
消費電力
(200V最大構成時、25℃待機時)
1404VA/1397W
消費電力
(200V最大構成時、25℃高負荷時)
3304VA/3271W
消費電力
(200V最大構成時、最大電力)
3343VA/3310W

サーバモジュール

フォームファクタ 専用フォームファクタ (DX2000筐体スロットに搭載)
搭載CPU数 1
搭載CPU インテル® Xeon® プロセッサー D-1527(2.20GHz/4-core/6MB)
インテル® Xeon® プロセッサー D-1541(2.10GHz/8-core/12MB)
メモリ 8GB/16GB/32GB/64GB(DDR4 2133 ECC SO-DIMM)
補助記憶装置 128GB/256GB/512GB
ネットワーク 2×10GbE( 内蔵スイッチモジュールへ接続)
システムマネジメント EXPRESSSCOPE® Engine3
サポートOS*3 Red Hat® Enterprise Linux® 7.2

ネットワークスイッチモジュール (L2)

ネットワーク接続 アップリンク:8×40GbE(QSFP+) + 1×1000Base-T(マネジメント専用) 
ダウンリンク:44x10GbE
搭載台数 2台 (筐体に内蔵)
  • *1:構成によって搭載枚数の制限あり
  • *2:構成によって制限あり
  • *3:Microsoft® Windows® Server 2012 R2およびVMware ESXi™6.0は2016年3月予定、Red Hat® Enterprise Linux® 6.8は2016年6月予定

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る