サイト内の現在位置

「造る」(製造業・プロセス業)

デジタル技術が熟練の技の継承を支援する

いまや製造現場では、顧客やサプライヤーとの受発注システム連携や製品の販売先とのシステム連携など、既に多くのITシステムが稼働しています。また、顧客の多様化やグローバル化に伴うバリューチェーンの拡大や製品・サービスの高付加価値化は、こうしたITシステムも高度に複雑化してきています。
このようなITシステムを用いて調達や生産・在庫の最適化を図り、製品やサービス品質を保つためには、熟練者の経験による情報収集力と分析力、鋭い洞察力に基づく予測や判断が欠かせません。また複雑かつ情報量の多いITシステムを維持し、止めない工場を実現するためにも、熟練者の研ぎ澄まされたノウハウが不可欠です。
しかし熟練者はいつか若手に交代しなければなりません。こうした熟練の高度な技を継承していくことは喫緊の課題のひとつです。
NECのデジタルトランスフォーメーションは、「つながる工場」や「つながる製品」、「造る・運ぶ・売る」のバリューチェーン全体の最適化を実現します。さらにNECは世界No.1の画像・映像解析技術が熟練者の目を再現し、世界トップレベルのAI技術が熟練者の経験を学び、鋭い洞察力をもった予測や判断を支援します。

ダイナミックなサプライチェーン革新を創造

リアルタイムに市場ニーズやモノの流れをすばやく可視化して、リモートでモノの配置やリソースの最適化を推進。ロジスティクスネットワークの連携を実現させ、ダイナミックなサプライチェーン革新を創造します。

IoT活用の「タテとヨコの拡大」で次世代型ものづくりを実現する

NEC プロセス業ソリューション事業部 バリューインテグレーション部 関 行秀
NEC プロセス業ソリューション事業部
バリューインテグレーション部
関 行秀

日本がIoTをフルに活用して、新しいものづくりを目指すにはどうすればいいのでしょうか。
そのカギを握るのが、IoT活用の「タテの拡大」と「ヨコの拡大」という考え方です。「日本版インダストリー4.0」を実現するための方法論と最新事例をご紹介します。

ケーススタディ

関連ソリューション・サービス・テクノロジー

デジタルトランスフォーメーションを実現する手段としてのソリューションを一部ご紹介します。