サイト内の現在位置

都市・インフラ

都市の進化と調和しながら人と都市を支える
NECのスマートシティ

都市やそこに住む人々の生活環境は変化し続けます。まず、都市を建築する段階、次に、都市の設備が整って人々の生活の充実を目指す段階があり、その先には、人々が都市に長く住むことで新たに発生する課題を乗り越え、都市を再構成する段階があります。都市生活のクオリティを世代を超えて確保し続け、都市が環境にも人にもやさしい存在であり続けるためには、それぞれの段階で発生するさまざまな課題に柔軟に対応し、都市自身が進化することが必要だとNECは考えます。
そのためには、都市と人々の暮らしの将来にわたる変化に、先回りして対応できる仕組みが欠かせません。NECは都市の変化に対応するために、「ある時点での最適な都市を設計して構築する」のではなく、都市の要素をつなぎ連携させる中で、状況や変化をセンシングして将来を予測し先手を打って対応する「将来にわたる変化に柔軟に対応できる仕組み」の提供を目指します。

止まらないインフラと止まらないサービスを実現

これからのスマートシティでは、人々の暮らしを支えるさまざまなライフラインを生物の神経系のように有機的につなぎ、ICTによる管理・運営を行うことが必要不可欠です。
NECは、空港や発電所などのシステム監視や異常検知による予防保守、鉄道などの交通システムでは、点検の効率化や劣化予測による予防保守によって安全・安心な運用に貢献しています。
NECは、従来のインフラに求められてきた物理的な堅牢性に加えて、ソフトウェア化によって細かな環境変化にも柔軟に対処可能な「柔らかいインフラ」に進化させることで24時間365日「止まらないインフラ」と生活を支える「止まらないサービス」を実現します。

「いつもと違う」を発見し、故障や異常を未然に防ぐ

大規模・複雑なシステムに設置された多数のセンサから大量の時系列データを収集・分析し、通常時に存在するセンサ間の不変的な関係性から予測されるデータの変化(いつもの状態)と実際のデータを比較することで、異常(いつもと違う状態)を予兆段階で検出します。異常発生個所の特定が可能となることで重大事故を防ぎ、従来からの課題となっているCBM(状態基準保全)を実現し保全の効率化を実現します。

画像処理による効率的なインフラ保全

「外から中を見る技術」で道路や橋の安全を守り続ける。
画像処理による効率的なインフラ保全は、これまで高コストで手間と時間のかかった道路橋の点検作業を高効率かつ高精度に行うためのソリューションです。撮影した映像の解析によって、遠く離れた場所からでもコンクリート内部に潜んでいる異常を推定し、安全な運用を可能にします。

スマートエネルギー

電気小売料金の全面自由化および2020年の送配電部門の法的分離により、日本の電力市場は諸外国と同様に完全なる自由化が実現される見通しです。電力市場の環境変化に対応し、NECは、

  • 送配電事業者様向けの設備管理高度化ソリューション
  • 発電事業者様向け故障予知監視ソリューション
  • エネルギー事業者向けCXサービスソリューション
  • 新電力事業に参入されたエネルギーサプライヤー向けソリューション

などのスマートエネルギーソリューションをご提供します。また、これから来たる社会全体で創る新たなエネルギービジネスや、エネルギー有効利用やコスト低減などに対して、AI・IoTを活用した総合的なエネルギーマネジメントをご提案し変革していく電力市場にエネルギーに関する幅広い分野に貢献します。

あらゆるリスクに強い都市づくり

人々が安全・安心に、幸せで豊かな生活を送ることができる世界を実現するため、NECは、危機を未然に予防するとともに、対応力の強化を可能とする先端技術やソリューションを提供します。

センシングで自然災害から市民を守る

「土砂災害予兆検知システム」は、NECが世界で初めて開発した、土砂に含まれる水分量のみから斜面崩壊の危険度を算出するデータ解析技術を活用しており、水分量を計測するセンサー子局を土砂斜面に設置するだけで、リアルタイムに斜面崩壊の危険性を見える化できます。土砂災害の予兆検知につながる情報を取得できるとともに、「発令判断支援システム」で土砂斜面の危険性や降水量のアラート通知などを統合的に管理することで、住民への迅速な避難勧告や避難指示に役立つことを期待しています。

市民の安心・安全を守る

世界No.1の精度・速度を誇るNECの顔認証技術を使用した顔認証製品「NeoFace」シリーズは、PCアクセス認証やビル・施設等への入退場管理などの企業ユースから、顔パス入場などのエンターテイメント分野、出入国管理や国民IDシステム等の国家レベルのセキュリティ管理まで、グローバルに幅広い用途で採用いただいています。
さらに、世界No.1のNECの顔認証技術の中核となる顔特徴点検出技術を用いた「遠隔視線推定技術」では視線検知に必要な目頭や目尻、瞳など目の周囲の特徴点を正確に特定することで、通常のカメラのみで上下左右5度以内の誤差となる高精度な視線方向の検知を実現しました。本技術を通行人の視線の動きから、街中における避難・誘導標識の最適な配置や不審者の監視といった安全・安心に関わる用途への応用を進めます。
また、犯罪予防・迅速な捜査を実現する映像検索(時空間データ横断プロファイリング)では、同一人物がいつ・どこで現れたか(出現パタン)による検索を実現します。これにより、複数の事件現場に共通して現れた不審者の特定など、検索対象が不明なため従来困難であった犯罪捜査・予防を実現します。

  • 世界的権威のある米国国立標準技術研究所(NIST)による初の動画顔認証の評価プログラムにおいて最高評価を獲得しました。静止画に続いて4回連続の第1位評価獲得です。

サイバー世界の安全・安心を実現する

NECは、ICTの総合ベンダーとして、さまざまなハードウェアやソフトウェア製品を開発してきました。さらにその実績やノウハウを活かしたシステム構築やネットワーク構築、運用サポートで、幅広い業種に向け多彩な業務ソリューションを提供しています。お客さまの業務形態を理解し、長年ICT環境の構築をしてきたNECだからこそセキュリティリスクを軽減できます。
また、NECは国内外の複数の関係機関と情報共有や協力関係を構築し、サイバー犯罪からの被害を最小化する取り組みを実施しています。
これからのIoT時代には、これまでも推進してきた、設計時からセキュリティ対策を組み込む「セキュリティ・バイ・デザイン」の考えのもと、安全・安心なICT環境を提供していきます。

ケーススタディ

関連ソリューション・サービス・テクノロジー

デジタルトランスフォーメーションを実現する手段としてのソリューションを一部ご紹介します。