サイト内の現在位置

都市運営から都市経営への変革

実世界とサイバー世界を融合させて、人を中心とした社会づくりを目指し、
都市経営の発想で社会の変革を実現します。

人と社会をつなぎ合わせる安全・安心な社会基盤を通じて、
豊かな社会を実現

人を中心に情報をつなぎ合わせる

少子高齢化により社会保障費が増加するなかで、個人のニーズも多様化しており、限られた資源のなかで効率的にサービスを提供することが求められています。
市民にとって安全・安心で住みよい都市をサステナブルな形で運営していくためには、都市に関わるさまざまな情報を活用し、人を中心につなぎ合わせることによって都市生活をより豊かに変えていくことが必要です。
私たちは、長年にわたり産業をはじめ、公共分野、教育分野など、さまざまな事業領域に対してソリューションを提供してきました。これらの実績、知見、ノウハウを生かし、各事業体が持っている情報をつなぎ合わせ新たな価値を創造することで、都市におけるさまざまな課題を解決することができると考えています。
NECは、ITとネットワークのICTフルレイヤ―における長年の実績をもとに、お客さまやパートナーとの共創を通して、安全・安心で効率的な都市生活基盤を築き上げていきます。

実世界の出来事をデジタル化して、サイバー世界でつなぎ合わせる

情報をつなぎ合わせるにあたっては、大量かつ形式が異なったデータが多く、つなぎ合わせることは非常に複雑で困難な作業です。そのため、情報をつなぐ共通のプラットフォームを実現していくことが必要不可欠です。
NECは、共通プラットフォームである「NEC the WISE IoT Platform」により、大量の情報をデジタル化し、AI技術群「NEC the WISE」で、データを見える化し、分析、対処方法を特定することも可能です。
また、公共サービスの連携に適したソフトウェアである「FIWARE(Future Internet WARE)」のFIWARE Foundation プラチナメンバーとして日本で唯一参画※1しており、スマートシティの実現に向けたプラットフォーム構築への取り組みにも貢献しています。
共通プラットフォームによって、リアルの大量な情報をデジタル化し、つなぎ合わせることで、組織を超えたサービス連携が可能となり、人が中心となる個人最適のサービスと社会最適の両立を実現することができます。

  • ※1
    2017年9月現在

価値の連鎖と共創により、未来のあたりまえをつくる

一人ひとりに最適化されたサービスが連鎖と共創を繰り返すことで、都市には今までにない価値、つまり個人最適と社会最適が両立した価値がつくられていきます。NECは、新たな価値の連鎖と共創を生み出す三つの要素を兼ね備えています。
(1) 都市にミッションクリティカルシステムを提供してきた実績により、多様なステークホルダーをつなぎ合わせる「関係性」を生み出せること、(2) その関係性がセキュリティソリューションなどの提供により安全・安心な都市づくりに貢献してきた「信頼」に基づいていること、(3) 世界1位の精度を誇る生体認証技術※2など、つなぎ合わせるための「技術・知見」を持っていることです。
私たちはデジタルトランスフォーメーションを通じて都市運営から都市経営への変革に貢献していきます。つなぎ合わせた先にある価値を連鎖し共創することで、「未来のあたりまえ」をつくっていきます。

  • ※2
    NISTにおける指紋認証/顔認証/動画顔認証技術の評価に基づく。

NECのキーパーソン

NEC 中俣 力 執行役員常務

私たちは、これまで官公庁や自治体などのお客さまにミッションクリティカルなソリューションを提供してきました。社会が急速に変化を遂げるなか、今後は、行政や民間などが保有しているデータを組み合わせ、既存の枠を超えた共創を促すことにより、新たな価値を創造していくことが求められています。私たち自身も、自らの技術、業種ノウハウ、人脈等を客観的に見極め、新たな価値に変換にしていくため、変革を進めています。私たちは、都市運営から都市経営への転換に向けて、政策提言からサービス提供まで、社会の多様なニーズに応えられる価値の創造に貢献していきます。

ケーススタディ