ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. NECのデザイン
  4. デザイン事例
  5. WillCommunity2.0/CMS
ここから本文です。

WillCommunity2.0/CMS

ポータルサイト構築支援システムにより、専門的な知識がなくてもアクセシブルなウェブ作成が可能です。「JIS X 8341-3:2004 高齢者・障害者等配慮設計指針 - 情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス - 第3部:ウェブコンテンツ」に対応し、高齢のかたや障がいのあるかたに優しいページ作りが実現できます。

ワープロ感覚でコンテンツ作成ができる「標準編集」機能に加え、コンテンツを固定の入力フォームから必須項目のみ入力する「定型編集」機能を利用することにより、アクセシビリティを確保したコンテンツの作成がより簡単に行えます。また、色覚特性に応じた見え方、コントラスト、スタイルシート有無での見え方、HTML構文、文書構造、音声読み上げなど、様々な視点での確認が可能です。

WillCommunity2.0/CMS 編集画面

UD配慮のポイント

利用するうえでの柔軟性

  • 色覚特性に応じた見え方やコントラストの確認ができる。
  • スタイルシート有/無での見えかたの確認ができる。
  • HTML構文や文書構造の適正を確認できる。
  • 音声読み上げの確認ができる。
  • コンテンツ作成時に間違えやすい語句へふりがなを振ることが可能。
  • ワープロ感覚でコンテンツ作成ができる「標準編集」機能、固定の入力フォームから必須項目のみ入力する「定型編集入力」機能など、制作者のスキルに合わせた作成機能が選択可能。
  • 専門知識がなくてもアクセシブルなウェブ作成が可能。

操作のしやすさ

  • スタイルシートを管理し各ページから利用することが可能。アクセシビリティの確保とともにデザインの管理面でも貢献。
  • 見出し、段落、リストなどの文書構造の要素を自由に設定することができる。
  • パンくずリストを自動生成し、利用者がサイト内のどこにいるのか分かりやすくする「サイト内ナビゲーション作成機能」。ナビゲーションにはジャンプ位置が設定され、音声読み上げソフトでは読み飛ばすことが可能。
  • ブラウザの設定を変更することなく、文字サイズを変更するボタンが設定可能。

色覚特性に応じた見えかたのチェックの画面 :
色覚特性に応じたページの見えかたをシミュレートして確認することができます。

コントラスト確保チェックの画面 :
文字の色と背景の色の色差・明度差が十分に保たれているかをチェックすることができます。

スタイルシート有無での見え方チェックの画面 :
利用者がスタイルシートを外した場合に、どのように見えるのか確認することができます。

HTML構文チェックの画面 :
非推奨タグを用いないよう自動変換するとともに、タグを埋め込んだ場合も構文が適切かどうかチェックすることができます。

文書構造の確認の画面 :
文書構造が的確であるか確認することができます。文書構造要素(見出し、段落、リスト、引用、強調)の位置を視覚的に確認することができます。

音声読み上げチェックの画面 :
音声読み上げソフトを使ったときに、コンテンツの読み上げ順序に問題がないか視覚的に確認することができます。

ページの先頭へ戻る