ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. NECのデザイン
  4. デザイン事例
  5. セブン銀行ATM
ここから本文です。

セブン銀行ATM

音声ガイダンスシステムの導入によって、視覚障がいのあるかたも安心して、安全かつ便利に使っていただけるコンビニATMです。実際に視覚障がいのあるかたに使っていただきながら、音声ガイダンスシステムを評価・改善することで、より使いやすいATMを実現しました。

外観デザイン

操作画面例

UD配慮のポイント

利用するうえでの柔軟性

  • 視覚障がいのあるかたにも、インターホンのテンキー操作と音声ガイダンスシステムにより一人で操作が可能。
  • 海外カードは英・韓・中・ポルトガル語の4ヵ国語に対応。
  • 紙幣投入口を体に近い位置に配置することで、上肢に障がいのあるかたにも、紙幣の出し入れがしやすい。
  • 従来機種よりも低い位置での操作が可能なため、背の低いかた、手の上げにくいかたにも操作が可能。

操作のしやすさ

  • 操作しやすいハードキーを採用。

安全と安心への配慮

  • 第三者によるいたずら防止のため、インターホンによる取引を選択した時点で本体側のタッチパネルやテンキーの操作ができなくなるように設定。

HCD開発プロセス

ユーザー情報の理解と把握

  • ATM利用状況についてのアンケートと、各金融機関のATM調査を実施し、視覚障がいのあるかたの利用状況などを把握しました。

アンケート回答用紙

目標の明確化

音声ガイダンスシステムの設計において、以下を目標に開発を行いました。

  • インターホンを使った音声ガイダンスシステムと、コールセンター対応の両立。
  • 短時間で確実に情報が伝えられること。

情報の整理と音声ガイダンスの文言の検討シート

設計による解決

  • 情報の優先順位を明確にして、効率良く音声を聞けるようにガイダンス内容を検討しました。

ユーザー評価

  • 検討した音声ガイダンスシステムの評価を実機にて行いました。評価で抽出した問題点に対する改善案を検討し、再度実機にて評価を繰り返し、最終仕様を決定しました。

評価風景

ページの先頭へ戻る