ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業向けネットワーク機器
  4. Riverbed Steelhead WAN高速化アプライアンス
  5. 機能・特長
ここから本文です。

機能・特長

WAN高速化テクノロジー

(1)データ ストリームライニング

トラフィックをデータ単位でキャッシュし、同一データをWANに転送しません。ファイル変更時にも変更部分のみをLZ圧縮して転送し、WANデータトラフィックを削減します。

データ ストリームライニング

(2)トランスポート ストリームライニング

TCPのウィンドウサイズを仮想的に拡大することによって、ラウンドトリップによるTCPのオーバーヘッドサイズを大幅に削減でき、データ転送を効率化します。

トランスポート ストリームライニング

(3)アプリケーション ストリームライニング

アプリケーション固有の振る舞いに応じた代理応答による最適化を行います。それぞれのアプリケーションに特化して対応することで、トランザクション予測による遅延影響の軽減やプロトコルの通信回数削減などが可能になります。
[対応プロトコル:CIFS, NFS, MAPI, HTTP(S), Notes, Citrix, Exchange,(MAPI)]

アプリケーション ストリームライニング

(4)効率的なキャッシュテクノロジー

効率的なキャッシュテクノロジー

一般的なアプリケーションにおける高速化効果

Steelhead導入後のパフォーマンス改善を纏めたグラフです。濃いオレンジの部分が標準的なパフォーマンス改善率となっており、 記載されている数値はお客様環境での最大改善率となっております。

一般的なアプリケーションにおける高速化効果

ページの先頭へ戻る