ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業向けネットワーク機器
  4. IP38Xシリーズ
  5. IP38X/FW120
ここから本文です。

IP38X/FW120

ギガアクセスVPNルータIP38X/FW120

IP38X/FW120は『セキュリティ』『ルーティング』『マネジメント』の機能を1台に搭載したSOHOおよび中小規模拠点向けの ファイアウォールです。

希望小売価格(税別)

  • 83,000円

特長

  • VPN(IPsec)機能を搭載し、30対地まで接続可能。AES/3DES/DESをハードウェア処理することで最大200Mbit/sで高速処理することが可能
  • 階層型にポリシーを記述し、セキュリティを設定可能。直感的に操作できる『日本語GUI』搭載
  • 現行のネットワークに透過型ファイアウォールをアドオンすることで優れたセキュリティを構築可能
  • 機器の設定状態を判断するセキュリティアドバイス機能によりネットワークをさらに安全に構築・運用することが可能

スペック

型番 BT0041-FW120
品名 ファイアウォールルータ IP38X/FW120
対応回線およびサービス網(*1) FTTH(光ファイバー)、>ADSL、CATV、ATM回線、IP‐VPN網、広域イーサネット網、携帯電話網、フレッツ・サービス、IPv6 PPPoE/IPoE(フレッツ光ネクスト回線)、データコネクト(フレッツ光ネクスト回線)
LANポート(LAN1ポート使用) 1ポート(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、ストレート/クロス自動判別機能)
※LAN1ポートは4ポートスイッチングハブ(LAN分割機能有り)
WANポート(LAN2ポート使用) 1ポート(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 、ストレート/クロス自動判別機能)
USBポート(*2) 1ポート(USB2.0 Type-A、給電電流:最大500mA、USBメモリ/USBデータ通信端末に対応)
シリアルポート(設定用) 1ポート (D-sub9ピン、DTEモード固定、9600bit/s)
スループット(*3) 最大1Gbit/s
VPNスループット(*4) 最大200Mbit/s
IPv6接続形式 ネイティブ、トンネル、デュアルスタック、RA Proxy、DHCPv6-PD
ルーティング対象
プロトコル
IP、IPv6、ブリッジ機能(IPXは除く)
IPv4ルーティング
プロトコル
RIP、RIP2、OSPF、BGP4(EBGP、IBGP)
IPv6ルーティング
プロトコル
RIPng
経路エントリー数(*5) 最大2,000
OSPFネイバ数と
その経路数(*5)
10ネイバの時:経路数2,000
BGP4経路数(*5) 最大2,000
WANプロトコル PPPoE
PPPoEセッション数 同時5セッション
管理プロトコル SNMP(v1、v2c、v3)
認証機能 RADIUS、PAP/CHAP、MS-CHAP/MS-CHAPv2
統計・管理機能 統計情報のグラフ表示(CPU利用率、メモリ使用率、通信量、ファストパスフロー数、NATエントリー数、経路数、ポリシーフィルターのセッション数、QoS キューの処理量)、microSD/USBメモリへの統計情報の書き出し
プログラム管理 コンフィグ多重(履歴機能)、DOWNLOADボタン・WWW(かんたん設定、カスタムGUI対応)・TFTP/SFTP・外部メモリ(microSD、USBメモリ)からのリビジョンアップ、外部メモリ(microSD、USBメモリ)に保存されたファームウェア・コンフィグの優先起動
設定手段 コンソール、TELNETサーバー(多重)、TELNETクライアント、SSHサーバー(多重)、WWW(カスタムGUI対応)、外部メモリ(microSD、USBメモリ)経由での設定、TFTP/SFTPによるダウンロード/アップロード、FOMA回線経由のリモートセットアップ (*6)、データコネクト経由のリモートセットアップ
ロギング機能 メモリに蓄積、SYSLOGでの出力、外部メモリ(microSD、USBメモリ)への出力(暗号機能あり)、電源スイッチ切断時のログ保存(パワーオフログ保存機能)、リブートログ保存機能
VPN機能 IPsec(VPN機能:NATトラバーサル、XAUTH)+AES128/256、3DES、DES(暗号機能:ハードウェア処理)+IKE/IKEv2(メインモード、アグレッシブモード)、PPTP(VPN機能)+RC4(暗号機能) (*7)、L2TP/IPsec
VPN対地数
(IPsec)
30(最大設定可能数:30)
QoS機能 (制御方式) 優先制御、帯域制御(Dynamic Traffic Control)、Dynamic Class Control、VPN QoS (*8)、帯域検出機能、負荷通知機能
QoS機能 (分類方式) IPアドレス、プロトコル、ポート番号、ToSフィールド
QoS機能
(網側QoS機能との連携)
カラーリング(ToS)、ToS→CoS変換
閉域サービス用機能 タグVLAN、IPv6マルチキャスト(MLDv1、MLDv2、MLDプロキシ)
タグVLAN(IEEE 802.1Q) LANごとに8ID
セキュリティ機能 URLフィルタリング機能(外部データベース参照型・内部データベース参照型) (*9) (*10)、DHCP端末認証機能、フィルター設定検証、パスワード強度チェック、Winnyフィルター(Winny Version2 対応)、Shareフィルター(Share バージョン1.0 EX2対応)、MACアドレスフィルタリング
アドレス変換機能 NAT、IPマスカレード、静的NAT、静的IPマスカレード、DMZホスト機能、PPTPパススルー(複数セッション) (*11)、IPsecパススルー(1セッション)、FTP対応、traceroute対応、ping対応、SIP‐NAT対応 (*12)、IPマスカレード変換セッション数制限機能
NATセッション数 30,000
バックアップ機能 VRRP、フローティングスタティック、ネットワーク/Tunnelバックアップ機能によりVPN/イーサネットにバックアップ、バックアップメール通知
ip keepalive対地数(*13) 100
データ圧縮(ISDNのみ対応) CCP(Stac LZS)、VJC
ルータ機能 DHCPサーバー、DHCPクライアント、DHCPリレーエージェント、DNSリカーシブサーバー、DNSサーバー選択機能、CIDR、PROXY ARP、SNTPサーバー、NTPクライアント、LANセカンダリアドレス設定、フィルター型ルーティング、LOOPBACK/NULLインターフェース、パケット転送フィルター、マルチホーミング、スケジューリング機能、生存通知機能、、UPnP対応 (*14)、Wake on LAN対応
デフォルトIPアドレス 192.168.100.1
環境条件 周囲温度0~50℃、 周囲湿度15~80%(結露しないこと)
電源条件 AC100V 50/60Hz
最大消費電力 11W
外形寸法(W×D×H) 220×160.5×42.6mm
重量 870g
梱包品 LANケーブル(1本:3m)、冊子(はじめにお読みください)、CD-ROM(1枚:取扱説明書・コマンドリファレンス・設定例集)、保証書、IP38Xシリーズをお使いになる前に
  • *1:ADSL、CATV、FTTH(光ファイバー)等の回線との接続には、別途ADSLモデム、ケーブルモデムまたはメディアコンバーターが必要です。ATM 回線との接続には、ATM-TAが別途必要です。また、複数のパソコンでの使用を認めていないプロバイダもありますので、 契約内容をご確認ください。
  • *2:全てのUSBメモリの動作を保証するものではありません。USBハブは利用できません。
  • *3:スループット値は、SmartBitsによる測定値(NATなし、フィルターなし、双方向)です。
  • *4:AES+SHA1利用時のSmartBitsによる、出荷バージョンでの測定値(双方向)です。
  • *5:測定結果に基づく数値です。
  • *6:発信側動作に対応する機種は、IP38X/RTX3000(Rev.9.00.24以降)・IP38X/RTX1500(Rev.8.03.60以降)・IP38X/RTX1200・ IP38X/RTX1100(Rev.8.03.60以降)・IP38X/RT58i (Rev.9.01.29以降)・IP38X/N500となります。
  • *7:本製品は、RSA Security Inc.のRSA(R)BSAFE(TM)ソフトウェアを搭載しております。 RC4およびBSAFEはRSA Security Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。
  • *8:IPsecトンネル内でQoSを適用する機能です。
  • *9:外部データベース参照型URLフィルターをご利用いただくには、サービス会社との契約が別途必要です。
  • *10:本製品をプロキシサーバーとして動作させることで、内部データベース参照型URLフィルターによってHTTPSによるWebアクセスを制限できます。
  • *11:PPTPクライアントの場合、複数セッションに対応。PPTPサーバーは1セッションです。
  • *12:IP38X/FW120でIP電話サービスを併用することができます。IP38X/FW120配下にIP38X/N500・IP38X/58i・IP38X/V700(いずれか1台のみ)を設置することができます。
  • *13:VPNやネットワークバックアップ機能などを併用せず、IP keepalive機能を監視に利用する場合の対地数です。
  • *14:Windows Messenger4.7およびMSN Messenger6.1が搭載されたPC同士の双方向コミュニケーション (音声チャットやビデオチャットなど)を併用することが可能です。なお、全てのUPnPデバイス接続を保証するものではありません。

ページの先頭へ戻る