ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. NECデジタルサイネージ
  4. 導入事例
  5. 東京ステーション開発株式会社様
ここから本文です。

導入事例

東京ステーション開発株式会社様

東京ステーション開発株式会社様に、大型広告向けデジタルサイネージを納入し、東京駅 八重洲 北口に設置されました。

46インチウルトラナローベゼルディスプレイによる縦6面、横3面の18面マルチディスプレイの大画面を利用して、迫力かつ視認性の高い広告を表示するサイネージを実現しています。

広告表示は、大画面全面に1種類の広告を表示することはもちろん、上下に分割など複数の広告を同時に表示させることもでき、よりダイナミックな印象を与えるサイネージを実現できます。

※表示される広告は、不特定多数の企業広告や店舗広告などで、東京ステーション開発株式会社様がロケーションオーナーになり運営されています。

写真:18面マルチディスプレイの写真

東京ステーション開発株式会社様に、デジタルサイネージシステムを活用した、マルチタッチの総合案内用ディスプレイを納入しました。

総合案内用ディスプレイは、東京駅八重洲地下中央口改札出てすぐの東京駅一番街「のぞみ広場」内に設置され、八重洲口に展開する商業施設の店舗情報を閲覧できます。

ディスプレイは、55インチウルトラナローベゼルディスプレイ4台のマルチ画面で構成されたマルチタッチ式になっています。大画面を2つにわけ、2人同時に検索可能で、利用者の利便性を向上します。

案内コンテンツは、画面の拡大・縮小だけでなく、タッチ箇所の高さに合わせて検索画面を表示することが可能です。また、外国語にも対応しており、誰でも使いやすい案内表示を実現しています。

写真:マルチタッチの総合案内用サイネージ写真:総合案内用ディスプレイ デジタルサイネージソリューション「PanelDirector」

Top of this page