ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 組込みシステムソリューション
  4. プリント基板・LSI設計
  5. CyberWorkBench
  6. 機能紹介
  7. 動作合成
ここから本文です。

動作合成

CyberWorkBenchの中核となる技術は、C言語で書かれた仕様からRTL回路を生成する「動作合成」です。

暗号や画像処理などのアルゴリズムが書かれたC記述から、消費電力や動作速度、チップ面積等の要求を満たす回路を短時間のうちに合成します。

この動作合成には次の3点の特長があります。

  1. 動作合成エンジンは高速で高品質です。
  2. 豊富な合成オプションを備え、面積と性能のバランスを変えることによる、さまざまなアーキテクチャを試行できます。
  3. 同期・非同期・パイプラインメモリ、同期・非同期リセット、複数クロック、ゲーテッドクロックなど多様な回路に対応できます。RTL出力スタイルも選択できます。

CyberWorkBenchによる動作合成の実例

図5はCyberWorkBenchによる動作合成の事例を、図6はCyberWorkBench の統合設計環境をしめしています。設計者の記述したC言語ソースで検証、デバッグできるほか、プロパティ検証等さまざまな設計や検証の工程をC言語ソースコード上ですることができます。

CyberWorkBenchによる動作合成の実例

ページの先頭へ戻る