ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

高位合成セミナー 第11回 CyberWorkBench Forum

『第11回 CyberWorkBench Forum』は終了いたしました。
多数のお申込、誠にありがとうございました。

医療機器への適用事例や、MIMO適用事例、スーパーハイビジョン(8K)向けCODEC適用事例をご紹介いたします。   

ご多忙の折とは存じますが、ぜひともご来場を賜わりたくご案内申し上げます。

セミナー概要

会期 2014年10月28日(火)
13:30~17:00
(受付開始 13:00~)
会場 NEC本社ビル
主催 日本電気株式会社
参加料 無料(事前登録制)

※本セミナーの申込みを締め切らせていただきました。多数のお申し込みありがとうございました。

セミナープログラム

時間 内容
13:30~13:35 開会ご挨拶
13:35~14:10 CyberWorkBenchのご紹介

CyberWorkBenchは、C言語からの高位合成と、C言語レベルの機能・タイミングデバッグや、形式検証を行える統合設計ツール群です。「CyberWorkBench」のご紹介、C言語からの設計受託サービス、C言語のハードウェアIPサービスをご紹介いたします。

NEC
14:10~14:50

スーパーハイビジョン(8K)向けCODEC適用事例の紹介

8K対応のHEVCリアルタイムエンコーダーの設計にSystemC入力の高位合成ツール(CyberWorkBench)を適用した経緯を紹介します。


三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
14:50~15:10
休 憩
15:10~15:40 MIMO適用事例の紹介

ベースバンドSoCのMIMOデコーダーを、CWBでFPGAプロトタイピングした事例を紹介します。RTL設計で1年以上かかる設計がCWBで4ヵ月以下になったこと、低レイテンシのパイプライン回路が合成できたこと、150MHzの使用が達成できたこと等のメリットが紹介されます。

HUAWEI
15:40~16:20

医療機器への適用事例の紹介

 

高い信頼性が要求される医療機器向け制御用LSIにCWBを適用した設計事例を紹介します。RTL設計で
8ヵ月程度かかる設計が3ヵ月程度に短縮できたこと、回路サイズ(面積)と性能のトレードオフカーブ表示機能を利用して、目標のFPGAのサイズの中で最速な回路を選んだこと等の成果を紹介します。


テルモ株式会社
16:20~17:00

全体質問の後、CWBのデモンストレーション、CWBエンジニア、サポートメンバーとの自由懇談会。自由解散

※セミナープログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

NEC
グローバルプロダクトサービス本部ESS事業センター
「第11回 CyberWorkBench Forum」事務局
e-mail :info@cad.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る