ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 組込みシステムソリューション
  4. プリント基板・LSI設計
  5. CyberWorkBench
  6. イベント・セミナー
  7. CyberWorkBench Forum 2012(関西)
ここから本文です。

CyberWorkBench Forum 2012(関西)

「RTL設計より性能・コスト比が優れた回路ができる理由」をテーマに、CyberWorkBench Forum2012(関西)を開催いたします。

CyberWorkBenchのユーザー様による設計事例やCyberWorkBenchの基本機能・新機能をご紹介いたします。  

ご多忙の折とは存じますが、ぜひともご来場を賜わりたくご案内申し上げます。

概要

会期 2012年7月26日(木)
13:00~17:00
(受付開始 12:30~)
会場 リーガロイヤルホテル(大阪)2F ゴールデンルーム
NEC iEXPO関西2012と同一会場
主催 日本電気株式会社
参加料 無料(事前登録制)
定員 40名

※本セミナーの申込みを締め切らせていただきました。多数のお申し込みありがとうございました。

プログラム

時間 内容
13:00~13:05 開会ご挨拶
13:05~14:00 CyberWorkBenchの高位合成・高位検証ツールと新機能の紹介

高位合成・高位検証ツールと新機能のご紹介を行います。併せて、C言語設計は設計の効率化をするだけでなく、RTL設計より小さな回路や低電力な回路が作れる理由や、RTL設計では不可能な複雑なアルゴリズムのハードウェア化が出来る理由を説明いたします。

NEC 組込みインテグレーション事業開発部
14:00~14:40 FPGA版CyberWorkBenchとサイクルレベルデバッガの活用事例

昨年リリースされたFPGA版CyberWorkBenchと従来版CyberWorkBenchのベンチマーク結果を紹介します。CyberWorkBenchの新しい検証ソリューションであるサイクルレベルデッガの活用事例を紹介します。

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社
システムロジック開発センター 第二開発部
杉本佳也様
14:40~15:00 休憩
15:00~15:30 C設計向け評価ボードZ-SYS for CyberWorkBench(TO/XS6)を用いた設計事例

テキサスインスツルメンツ社OMAP+Xilinx社FPGAを塔載した「C言語ベース設計向け評価ボード Z-SYS for CyberWorkBench(TO/XS6)」での設計事例を紹介します。CyberWorkBench合成回路をFPGAで実行しながら、Cソースコード上でデバッグする環境・手法についても紹介します。

図研エルミック株式会社 リブウェア事業部IP技術開発部
鎌野昇一様
15:30~16:10 CyberWorkBenchを用いたSTPエンジンとFPGAの比較評価、及びシステムレベル設計ツールSytemBuilderへのCyberWorkBenchの統合

ルネサスエレクトロニクス社のSTPエンジンとFPGAへC言語記述から自動マッピングを行い、比較評価した結果を報告します。研究室で開発中のシステムレベル設計ツールSystemBuilderにCyberWorkBenchの高位合成ツールを統合する方法等について説明します。

名古屋大学 大学院情報科学研究科
附属組込みシステム研究センター
准教授 本田晋也様
16:10~16:50 CyberWorkBenchを活用したFPGA開発事例

ALTERA StratixIVをターゲットとした制御系モジュールの開発に対してCyberWorkBenchを適用。期間・コスト削減結果、および、実装にあたり培ったC言語記述テクニックを紹介します。

三菱電機マイコン機器ソフトウエア株式会社
第4事業部 プラットフォーム技術部 技術第1課
福田和洋様
16:50~17:00 閉会ご挨拶

※プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

日本電気株式会社
組込みインテグレーション事業開発部
「CyberWorkBench Forum 2012(関西)」事務局
TEL: 044-435-9486
mailto:info@cad.jp.nec.com
土日祝を除く 9:00~12:00、13:00~17:00

ページの先頭へ戻る