ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. サイバーセキュリティソリューション
  4. NECのサイバーセキュリティが実現する未来
ここから本文です。

NECのサイバーセキュリティが実現する未来

Futureproof Security 安心の先へ。 - NECの新たな取り組みに、ご期待ください

多くのお客さまのシステムを構築してきた経験・実績と、「情報・技術・人材」を掛け合わせた先進のサイバーセキュリティ対応力で社会インフラの安心を支えます

NECグループにある18万台のクライアントPCとサーバを結んだネットワークシステム。この大規模なICT環境を安全に維持するために、NECでは自ら開発したセキュリティ技術やソリューションを融合・活用しています。そこで実証した技術とノウハウをもとに、企業や社会インフラを守るソリューションを開発・提供しています。
NECはこれまでも、不正に持ち込んだクライアントPCを検知して隔離する「検疫ネットワークシステム」を国内で初めて製品化したほか、セキュリティの脅威や脆弱性を定量化して見える化する「数えるマネジメント」をいち早く提唱して実践。
現在はSDNやAIを活用した最先端の技術開発を行い、サイバーセキュリティソリューションの革新や新たな価値創造を実現するリーディングカンパニーとして、お客さまに安心と安全を提供します。

企業・重要インフラの被害が急増! 緊急対応が迫られる「サイバーセキュリティ」

人工知能(AI)を活用し未知のサイバー攻撃を自動で検知・隔離する技術を研究開発しています

NECでは、今後に向けた新たな取り組みも進めています。人工知能(AI)技術を活用し、未知のサイバー攻撃を自動検知する「自己学習型システム異常検知技術」を開発しました。これにより、従来の人手による作業に比べ、1/10以下の時間で被害範囲の特定ができるようになります。
クライアントPCやサーバなどシステム全体の複雑な動作状態(プログラムの起動、ファイルへのアクセス、通信など)から平常状態を学習し、平常状態と現在のシステムの動きをリアルタイムに比較・分析することで、平常状態から外れた場合に検知します。
また、システム管理ツールやSDNなどを活用することで、該当箇所のみをネットワークから自動で隔離することもできます。

自己学習型システム異常検知技術拡大する自己学習型システム異常検知技術

ページの先頭へ戻る