ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. CX2000シリーズ
  5. CX2200/100
ここから本文です。

CX2000シリーズ

マルチサービストランスポートゲートウェイ CX2200/100

概要

CX2200/100はコンパクトでかつ多様な回線インタフェースを収容したマルチサービストランスポートゲートウェイです。

主な特長

IP化マイグレーションに対応

  • 遅延時間が非常に小さいパケットスイッチとDS0(64kbps)単位でのTDMクロスコネクトスイッチを組み合わせたハイブリッドスイッチ機能
    • TDMやATMの通信トラフィックをイーサネットベースのネットワーク上に転送することを可能とするPWE機能
  • アダプティブクロックによるパケットベースのクロック同期機能
  • サービスクラス毎のトラフィック品質を確保可能な、最低帯域保証と最大帯域制限のQoS制御機能
  • EoMPLS、ATM/TDMoMPLSと各種回線インタフェースに対応したMPSL機能

高信頼サービスを支える保守運用機能

  • Ethernet OAM機能(ITU-T Y.1731/IEEE802.1ag準拠)により、従来のパケットネットワークにおける課題であった保守運用面を大幅に改善し、サービスの信頼性を向上
  • イーサネット障害管理機能による自動障害検出、パフォーマンスモニタリング機能によるフレーム遅延、ジッタ測定など、きめ細かな回線品質の管理を実現

CX2200/100の位置づけ

諸元

製品名 CX2200/100
スイッチング容量 5.7Gbps
インタフェース *1 10/100BASE-TX×8
1000BASE-T/1000BASE-X×2
T1/E1×32
STM-1/OC-3×1
イーサネット VLAN(802.1Q/ad)、イーサネットOAM(Y.1731/802.1ag)、イーサネットリング(G.8032)
QoS 優先制御、帯域制御
MPLS LDP(RFC3036/4447)
Pseudo Wire Emulation SAToP(RFC4553)、CESoPSN(RFC5086)、ATMoP(RFC4717)
ATM IMA(I.761)、F4/F5 OAM(I.610)
TDM T1(I.431)、E1(G.703)
保守運用機能 SNMPv1/v2c、MIB2、RMON、syslog、SNTPv3
定格電圧/入力電流 DC-48V/最大3.0A
環境条件 温度:-5~45℃、湿度:5~90% (非結露)
外形寸法(W×D×H)mm 430×230×43.6
質量 5kg

EMI

VCCI Class A *2

  • *1:モジュール単位
  • *2:

     この装置は、クラスA情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあります。この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。

VCCI-A

ページの先頭へ戻る