ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CSR(企業の社会的責任)への取り組み
  4. 社会
ここから本文です。

社会

人権の尊重を表すイメージ画像

人権の尊重を表すアイコン画像人権の尊重

NECは、情報社会を支える幅広い製品やサービスによって、世界中の人々が、より便利に、より安全・安心に暮らせる情報社会の実現をめざしています。そして、イノベーティブで先進的なICTによって、グローバルな社会や環境の困難な課題の解決に貢献したいと考えています。

しかしながら、技術の進歩が社会の発展に貢献する一方で、その進歩が環境破壊だけでなく人権の侵害につながることもあります。

NECは、複雑な世界情勢のもとでグローバルにビジネスを行う企業として、この命題に真摯に取り組むこと、すなわち、私たち自身の企業活動や他者との関係性の中から起こりうる人権に対する負の影響に留意することが、企業の社会的責任であると考えています。

さらに詳しく

ダイバーシティ&インクルージョンを表すイメージ画像

ダイバーシティ&インクルージョンを表すアイコン画像ダイバーシティ&インクルージョン

NECでは、各組織・部門で多様な人材が活躍し、多様な視点やアイデアが取り込まれる環境の醸成を重要な経営戦略の一環と考えています。そして、「ダイバーシティ」とは、一人ひとりがお互いの違い(個性や特性)を認め合い、尊重し合うことであり、「人はみな違うからこそ尊い」という考え方に立つものです。

NECは、さまざまな個性を持つ個人がお互いを尊重し合い、個性に合わせて機会が与えられ、より力を発揮する「ダイバーシティ&インクルージョン」が実現される社会の推進に貢献していきます。

さらに詳しく

多様な働き方への環境づくりを表すイメージ画像

多様な働き方への環境づくりを表したアイコン画像多様な働き方への環境づくり

NECでは、私たちの働き方を価値あるものにしていくために、ワーク・ライフ・バランスの充実に向け、当社の事業の成長を担う人材の育成と公正な評価を行い、より働きやすい環境の整備を進めています。

さらに詳しく

人材開発・育成を表すイメージ画像

人材開発・育成を表すアイコン画像人材開発・育成

NECでは、セルフディベロップメント(自らの意思で自らの能力開発をはかるという考え方)を基本に、「NEC Way」の実践をとおして、事業に貢献する人材づくりをめざしています。

また、2016年4月には、顧客起点で常に行動し、社会価値を創造し続けることのできる従業員の育成と組織風土・文化の醸成をめざして「人財哲学」を制定しました。

さらに詳しく

安全と健康を表すイメージ画像

安全と健康を表すアイコン画像安全と健康

NECでは、「働く人の安全と健康を確保し、快適で働きやすい職場の維持・向上に取り組みます」という基本理念を掲げています。この基本理念のもとで、安全衛生を統括する総務部と健康管理センター、事業場ごとの安全衛生管理組織が中心となって、予防管理に重点を置いたさまざまな活動に取り組んでいます。

さらに詳しく

CS(顧客満足)を表すイメージ画像

CS(顧客満足)を表すアイコン画像CS(顧客満足)

NECでは、1899年の創業当時から「ベタープロダクツ・ベターサービス」をモットーにしています。全社員がお客さまの期待をとらえて、考え、行動する企業文化をつくることで、お客さまにとって価値ある商品やサービスを創造し、お客さまから信頼され、選ばれる企業となることをめざしています。

このモットーに使われている言葉が、”ベスト”ではなく“ベター”であるということの意味は、「決して、ある時点のベストで止まることなく、お客さまにとってより良いものを、いつまでも追求し続ける」というNECの強い想いが込められています。

NECでは、企業行動憲章の第1項に「お客さまの満足」を掲げ、グループ社員すべての行動の基軸を「お客さま」においています。そして、お客さまとの信頼関係構築には、CS(顧客満足: Customer Satisfaction)の向上が不可欠であると考えています。

さらに詳しく

品質・安全性の確保を表すイメージ画像

品質・安全性の確保を表すアイコン画像品質・安全性の確保

「ベタープロダクツ・ベターサービス」をモットーに、すべての社員が、自らの業務の質、製品・サービスの質を上げることで、「品質のNEC」と信頼いただき、愛されるNECでありたいと考えています。

さらに詳しく

ページの先頭へ戻る