ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CSR(企業の社会的責任)への取り組み
  4. CSR経営
  5. サステナブル経営
ここから本文です。

サステナブル経営

NECは、「Orchestrating a brighter world」というブランドステートメントを掲げ、グローバルな社会課題を解決し、世界中の人々が未来に向かって、より明るく豊かに生きていくことのできる社会の実現に取り組んでいます。

このステートメントは、私たちの使命・存在意義として1990年に明文化した企業理念「NECはC&C(コンピュータと通信の融合)をとおして、世界の人々が相互に理解を深め、人間性を十分に発揮する豊かな社会の実現に貢献します」に基づいており、社会価値を創造することこそがNECの使命であることを、2014年に改めて定義したものです。

NECのサステナブルな(持続可能な)経営、あるいはCSR経営は、ステークホルダーのみなさまとの対話をとおして社会の声を知り、私たちのブランドステートメントや企業理念を、役員から従業員に至るまで、一人ひとりが企業活動の中で実践し、具体化していくことです。この企業活動には、本業で社会価値創造に貢献する活動に加え、非営利の社会貢献活動も含まれており、いずれも社会や環境にプラスの影響を与えることをめざして取り組んでいます。

また、法令遵守や企業倫理の徹底に代表されるコンプライアンス責任を全うするだけでなく、社会や環境にマイナスの影響を与える可能性のある企業活動のリスク軽減にも重点的に取り組んでいます。お客さまや社会から信頼される存在であってこそ、社会価値創造型企業といえると考えるからです。

NECでは、サステナブルな経営を進めるにあたり、NECグループの一人ひとりの持つべき心構えを「NEC Way」として体系化し、これを人材育成の指針として、社会価値創造をめざしています。

NEC Way

<NEC Wayとは>

企業理念の実践や具体化の土台となるのは、倫理観や、「企業行動憲章」および「行動規範」というNECグループで定めている行動指針です。

そして、NECが実現したい社会像・企業像である「NECグループビジョン」や「Orchestrating a brighter world」実現に向け、従業員は、「NECグループバリュー」と総称する4つの価値観(イノベーションへの情熱、自助、共創、ベタープロダクツ・ベターサービス)、行動原理と行動規範に則って、日々の業務に取り組んでいます。また、2016年には、社会価値の創造に向け、求められる人財を、高い視座と広い視野を持ち、枠を超えて挑戦し、やり遂げる人であることと定義しました (「人財哲学」)。

方針

NECは、お客さまや社会に信頼される存在でありたいという思いで、コンプライアンスを徹底するだけでなく、持続可能な社会実現をめざし、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)というESGの観点での取り組みを行っています。また、その成果と課題を積極的にステークホルダーのみなさまに開示し、みなさまとのコミュニケーションをとおして自らの企業活動の改善をはかっています。

加えて、そのコミュニケーションから、お客さまや社会の課題解決のためのヒントを得て、新規事業の立ち上げや既存事業の進化などのイノベーションの創造につなげることもサステナブルな経営のあるべき姿と考え、以下の3つの基本方針を掲げています。

  • リスク管理・コンプライアンスの徹底
    NECは、企業が社会に存在し、ステークホルダーの期待や要請に応えるために欠かせないものとして、グループ会社およびお取引先を含め、リスク管理とコンプライアンスを徹底します。そのために、人権侵害や環境破壊など、ステークホルダー、社会や環境に対する負の影響(リスク)の低減や回避をはかります。また、常に「コンプライアンスを最優先とする」意識を持ち、これを実践します。
  • 事業活動を通した社会的課題解決への貢献
    NECは、「Orchestrating a brighter world」というブランドステートメントのもと、「7つの社会価値創造テーマ」を策定しています。これらのテーマに沿った「社会ソリューション事業」を推進することで、社会の本質的な課題を追求し、さまざまなステークホルダーと新たな価値を共創しながら、豊かで明るい社会と未来の実現に貢献します。また、地域社会のみなさまやNPO、NGOと連携した、社会貢献活動をとおした社会課題の解決にも取り組みます。

社会の本質的な課題を追求し、さまざまなステークホルダーと新たな価値を共創しながら、豊かで明るい社会と未来の実現に貢献します。7つの社会価値創造テーマ

  • ステークホルダー・コミュニケーションの推進
    NECは、さまざまなステークホルダーとの対話・協働をとおして、お客さまや社会の本質的な課題やお客さまから求められている期待を知り、信頼関係を築いていきます。また、課題に対する取り組みの成果や新たな課題を、CSRレポートなどをとおして積極的に開示します。さらに、社会の声を起点として、取り組みを改善するPDCAサイクルを継続的に回すことにより、ステークホルダーのみなさまとの信頼関係を構築し、企業価値の向上に努めます。

サステナブル経営の優先テーマ「マテリアリティ」

NECでは、社会とNECグループの持続可能な発展に向けて優先的に取り組むテーマ(マテリアリティ)を選定し、非財務面でも経営の健全性を確認し、改善を進めてきました。

2007年には、ステークホルダーや社会の関心事とNECが重要であると考えていることに照らして、「事業をとおした社会価値創造への取り組み」と、コンプライアンスの徹底などに代表される「事業活動を支えるためのマネジメントの取り組み」の2層に分け、各層で優先テーマを設定しました。また、2014年からは、7つの社会価値創造テーマを、事業をとおした社会価値創造に向け取り組むテーマと定義しています。

NECグループの持続可能な発展に向けて優先的に取り組むテーマ(マテリアリティ)の選定

しかしながら、設定後ほぼ10年を経過していることから、改めて自社の強みや課題を社会の要請に照らして再整理すべく、2016年度からマテリアリティの再設定に向けた取り組みを開始しました。

2015年に、国連により提唱された「持続可能な開発目標 SDGs」や、中長期の投資や年金運用に際して、企業に対するESG(環境、社会、ガバナンス)情報の開示要求が高まってきたことなどを受け、当社のマテリアリティは、次のような流れで特定していく予定です。

  • SDGsなどで示されている社会からの期待や、従業員の声などを踏まえたマテリアリティを仮設定する。
  • サステナブル経営、市民社会、中長期投資家の視点をもつ有識者との対話で社会の声を知る。
  • 社会の声をもとに、社会へのインパクトを鑑みたマテリアリティおよびKPIを設定する。
  • マテリアリティの実効性を評価し、適宜見直しをはかる。

マテリアリティの特定の取り組み

マテリアリティの仮設定

NECでは、GRI Standardをベースに、NECの事業特性に照らして優先すべき課題を加えた優先テーマ候補一覧を作成し、それらの課題に対し、中長期にわたり、NECがどの程度の社会的影響を与えるか、またNECがどの程度の影響を受けるものか、その重要度を尋ねる従業員アンケートを実施しました。そして、各優先テーマに対し、SRIの調査項目や、SDGsの目標などを鑑み、社会での重要度を加味し、仮のマテリアリティ・マトリクスを作成しました。

サステナブル経営、市民社会、中長期投資家の視点をもつ有識者との対話

仮特定したマテリアリティに対し、サステナブル経営、市民社会、中長期投資家の視点をもつ有識者からコメントをいただく場として、2017年6月に対話会を行いました。得られた知見を社内の関係者にフィードバックし、マテリアリティの特定に役立てるとともに、サステナブル経営の改善・進化につなげます。

推進体制

NECのサステナブル経営は、コーポレートコミュニケーション部CSR・社会貢献室が、経営企画、IR、人事、総務、法務、内部統制、経営システム、デザイン、環境、CS、品質、調達など関係各部門、研究所・事業部門およびグループ会社と密接に連携しながら推進しています。さらにお取引先のみなさまとも連携しています。

サステナブル経営推進のための重要事項は、適宜役員間で議論され、経営企画を担当するCSO(チーフストラテジーオフィサー)により承認された事項を取締役会において報告しています。

取締役会

取締役会には、CSOから定期的に「CSR報告」が行われます。

ビジネスパートナー、グループ会社、コーポレート、ビジネスユニット、コーポレートコミュニケーション部、事業戦略会議、取締役会、執行役員社長サステナブル経営推進体制

グローバル体制

NECでは、北米、中南米、EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)、中国・東アジア、APAC(アジア太平洋地域)の、海外5極の地域統括会社にCSRプロモーターを設置しています。CSR・社会貢献室と各地域統括会社のCSRプロモーターが連携しながら、グローバルにサステナブル経営を推進しています。

NEC本社を中心にNECアメリカ、NECラテンアメリカ、NECアジアパシフィック、NEC中国、NECヨーロッパを結ぶ推進体制グローバルなサステナブル経営の推進体制

ページの先頭へ戻る