Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

Cloud Platform Suite - 仮想化導入における課題

効率的なITインフラ運用を実現する共通基盤へ

これまでのITインフラは、個別最適の考え方に基づいて、システムごと、あるいは部門ごとに縦割りでの構築、運用が主流でした。しかし、システムの増加に伴い、管理は複雑化し、維持コストも増大するといった様々な弊害が生じています。これらの課題を解消し、効率的なITインフラを実現するには、従来の個別最適から全体最適の考え方に基づいた共通基盤へのシフトが必要です。

全体最適の考え方に基づいた共通基盤へ全体最適の考え方に基づいた共通基盤へ

ただ仮想化で集約するだけでは?

しかし、全体最適に基づいた共通基盤へのシフトを実現するためには、従来の個別最適なシステムに対して単に仮想化を実施するだけでは困難です。仮想化の導入によって、新たに生じる思わぬ課題に直面してしまい、単純仮想化の状態からその先へと進めることが難しくなります。

仮想基盤での運用が煩雑

仮想化によってハードウェアは集約できますが、従来の運用のままではムダの削減や効率化といった効果はそれほど期待できません。むしろ、これまで別々に運用していたシステムが、1つのハードウェアに同居することによって、かえって管理が複雑になってしまう場合もあります。

  • 同一のハードウェア内で、パッチ適用やバックアップなどの時期が異なる複数システムがあり混乱する
  • 障害発生時の原因特定が従来よりも手間取る
  • リソース管理といった新たな運用が必要となる

増設のたびに煩わしい検討が必要

導入後も共通基盤として使い続けていくにはITリソースを追加するための機器増設が必要ですが、従来通り、ただ仮想化を適用しただけでは、その都度、後継機などの最新動向の調査や、既存機器との接続性検証などの煩わしい検討が必要となります。

インフラの設計・構築・検証が大変

全体最適に基づいた共通基盤についての設計・構築・検証は、検討する項目も多く、また期間もある程度必要となります。

レディメイド型の共通基盤「Cloud Platform Suite」

このような課題を解決し、共通基盤の導入を強力にご支援するのがレディメイド型の仮想化共通基盤「Cloud Platform Suite」です。「Cloud Platform Suite」は、仮想化基盤を構成するハードウェアやストレージ、その周辺機器のほか、仮想化基盤ソフトウェアやゲストOS、運用管理ソフトウェアまでをあらかじめセットにして、設計・検証・構築済みの状態でご提供します。また、具体的な設定例や操作手順を記載したドキュメントも整備しており、導入後の運用も安心してご利用いただけます。

事前の設計や検証においては、NECのIT共通基盤構築で得られたノウハウを活用しており、仮想化基盤の導入、最適運用を早期に実現します。