ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. コンサルティングの視野・視点
  5. 顧客関係性強化
  6. ソリューションビジネス化支援
ここから本文です。

ソリューションビジネス化支援

コアプロダクトを活かしたサービスの実現

厳しい市場競争において、製造業メーカーは、自社の強みを活かし他社との差異化を図ることを常に求められています。これまでは、多くの製造業メーカーの法人向けビジネスにおいて、コアプロダクトの販売をゴールとしたビジネスモデルが中心となっていました。しかし、さらなる収益拡大を目指す上では、自社のコアプロダクトを活かしたソリューションビジネスモデルの市場投入と、それらに伴う、企業内部での業務改革が重要な取組みとなります。

革新コンセプト

ソリューションビジネスモデルのイメージ

ソリューションビジネスモデルの検討

自社にとってのソリューションの定義を踏まえて、以下の3つの視点で、ソリューションビジネスモデルを検討することが重要です。

  1. コアプロダクトの導入関連プロセスか依存らのソリューション検討
    例:導入時教育サポートをパッケージ化したサービス など
  2. 業務プロセスの連携からのソリューション検討
    例:XX業界特有の業務支援ソフトとコアプロダクトとの連携機能の搭載によるサービス など
  3. 戦略/業務プロセス/システム・インフラの連携からのソリューション検討
    例:顧客企業の情報化戦略に対応したセキュリティ管理サービス など

ソリューション提供領域における業務改革

上記で検討したソリューションビジネスモデルをお客さま企業へ提供するためには、自社内においても、ソリューションの提供プロセスと強化・改善が必要となります。
このようなソリューション提供領域の広がりにともなった業務改革を実施することにより、ソリューションビジネスの市場へのスムーズな導入を実現します。

ページの先頭へ戻る