ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. サービスフレーム
  5. ITマネジメント
  6. RAPID/ITM(IT部門改革)
ここから本文です。

RAPID/ITM(IT部門改革)

スピード経営・グローバル化・競争力強化などの企業活動にはITの活用が必要不可欠です。しかし、企業ITは、事業環境の変化やITの進化などで絶えず変化が求められます。
NECは、IT部門の成長と変化を支援いたします。

ITガバナンス

本サービスは、企業のIT革新領域(IT戦略、ITプロセス、IT人材・組織、IT基盤)ごとに、ITガバナンスを確立するために必要な、“改革テーマ” および “お客様の課題”を具現化するサービスです。ベストプラクティスとのベンチマークを題材としたディスカッションにより解決策を探ります。

本サービスの特長

  • ITの全体最適化、リスクヘッジを目指したITマネジメントの確立
  • グループITガバナンス、グローバルITガバナンスの構築
  • 経営戦略に貢献するIT戦略のマネジメント
  • Cobitにも対応した検討フレーム
  • 成熟度モデルによるアセスメント、ベンチマーク
  • ベストプラクティスとのベンチマークによる早期実現

IT構造改革企画

IT構造改革へ向けて、IT戦略、IT業務プロセス、組織・人材、インフラ、コストにわたるアセスメントを実施し、全体最適構造への再編成計画を立案するサービスです。
IT戦略確認、ITガバナンスアセスメント、全体最適アセスメント、スキルアセスメント、ITプロセス・ コストアセスメント、IT資産アセスメントの各要素アセスメントを準備し、総合的な分析、方向性規定を実施するほか、ニーズに応じて、要素アセスメントの選択実施も可能です。

本サービスの特長

  • ITに関わる複合課題の構造化
  • 構造改革によるITコスト、リソース最適化
  • 経営戦略に貢献するIT戦略のマネジメント
  • 全体最適視点のITマネジメントの確立
  • 情報システム部門のコア機能とITSS(ITスキルスタンダード)に準拠したIT人材育成
  • アウトソーシングによるコアへの集中
  • EA(エンタープライズアーキテクチャ)、ITIL、CMMIなどグローバルスタンダードの適合評価
  • プラットフォーム最適化、ITアーキテクチャ最適化企画

IT構想企画

経営戦略、事業方針、ビジネスモデル変化に基づく情報化戦略、IT戦略及び情報システム中期計画を立案するサービスであり、事業課題の抽出、改革施策の立案、重点システム化テーマ設定、システムイメージの具体化等を行い、情報化基本構想としてまとめます。
事業戦略との整合のとれたアプリケーション計画、インフラ・プラットフォーム最適化計画、データアーキテクチャ再編計画、IT要員計画など一貫性、全体最適を目指した情報化戦略、IT戦略及び情報システム中期計画を立案します。

本サービスの特長

  • 経営戦略に貢献するIT戦略、情報システム計画の立案
  • 企業統合、事業統合、M & Aなど構造改革に基づくIT改革
  • 全体最適視点、EA(エンタープライズアーキテクチャ)手法を取り入れた企画
  • ITガバナンスの確立を含めたビジネスとITの両輪の改革
  • プラットフォーム最適化、ITアーキテクチャ最適化企画
  • アウトソーシング含めたIT要員計画立案

運用業務改革企画

本サービスは、企業のIT部門や情報システム子会社が提供するITサービスのQCD向上と、IT要員の活動の幅の拡大を目的に現状の問題・課題を整理し、運用業務の標準化・効率化の方針を策定するサービスです。
また、運用業務見直し後の次の検討テーマの企画推進のバリエーションもご用意しています。

本サービスの特長

  • COBITにも対応した多角的視点からの現状の問題・課題抽出
  • NEC自身を含む他社事例を活用したあるべき姿の検討
  • ITILおよび、J-SOX IT全般統制の基本要件を網羅したコンテンツ
  • グループIT検討、クラウド活用、IT要員の企画力向上など、次の改革テーマの検討をお客様のシナリオに合わせて準備

グローバルコミュニケーション基盤企画

近年、グローバル企業は様々なコミュニケーション基盤環境に関する問題(個社個別にコミュニケーション基盤が導入され、グループ全体への情報発信や情報の吸い上げが出来ない、鮮度の低い(陳腐化された)ITが業務の生産性を阻害 など)を抱えています。
本サービスは、それら問題を解決するためのコミュニケーション基盤の導入に向けた、全体ポリシーの策定や各施策テーマの基本要件定義を行うと共に、全体最適視点での実行計画作りを行います。

本サービスの特長

  • グループ・グローバルをスコープとした、実践的な検討・展開ノウハウ
  • 各論IT領域における、企画・設計・構築・展開・運用を通じた深い見識
  • 多岐に渡るIT領域の施策を全体最適化目線でまとめあげる、ITアーキテクティング
  • 複雑に走るIT施策群を束ねるPMO(Project Management Office)

グローバルITのTOBE策定支援サービス

グローバル経営に対応した「グローバルITのあるべき姿」の策定をご支援するサービスです。NECのグローバル展開のノウハウに加えて、グローバル先進企業の経営/ITに関する調査結果を基に作成した「グローバルITモデル」をベースに検討することで、効率的かつ効果的な「グローバルITのあるべき姿」を検討することができます。

本サービスの特長

  • 計5回の訪問で短期集中型での策定
  • フレーム活用により網羅性のある検討の実現
  • NECを含む複数企業の事例を参考にした検討

IT戦略策定トレーニング

「経営トップの納得感を得られるIT戦略を描きたい」
そんな情報システム部門の声に応えるために、コンサルナレッジをベースに、自社のIT戦略を策定するトレーニングの場をご提供します。

座学とワークショップを組み合わせて、実際の現場で使えるスキルの習得を目指します。

本サービスの特長

  • フレームの活用による短期間・低コスト・網羅性のある検討
  • 研修型の実践を通してスキルを習得
  • コンサルナレッジ・他社事例を参考に実際に活用できるIT戦略を策定

EA視点システム・グランドデザイン [New]

EAフレームワークを活用して、企業の情報システム全体の将来像を描く、情報システム部門向けのサービスです。
お客様のビジネス中計や戦略をインプットにして、現状のICT資産やICTにおける課題を踏まえて、ビジネスに連携させたIT施策、ITアーキテクチャ、システムマップなどを将来像として描き、ICTロードマップで将来像までのアプローチを定義します。

本サービスの特長

  • EAフレームワークを使用し、ビジネスとIT戦略を連携させ、IT戦略に必要なICT全領域を網羅的に検討することが可能
  • NECが実践した技術をベースに、実装や運用で実績のあるモデルを提供
  • 領域別支援メニューを整備し、テーマ別にシステム化要件定義フェーズ以降のシステム具体化もサポート

ページの先頭へ戻る