ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. サービスフレーム
  5. ITマネジメント
  6. クラウド・コンピューティング
ここから本文です。

クラウド・コンピューティング

企業ITは今、TCO削減、ガバナンス強化、グローバル展開のスピードアップ等への貢献を求められています。そのためには、業務やITのバラツキを極小化し、事業戦略と整合した戦略的な標準化を図ることが必要です。
ITの新たな利用形態であるクラウドサービスは、そのための有効な実現手段の一つです。

NECのクラウド・コンピューティング

現在、企業に求められているのは、変化の激しいかつ厳しい経済環境下での、筋肉質経営と新しい事業立ち上げの両立です。そのため、企業の基幹システムには、コスト削減・スピード・柔軟性が求められています。
NECは、SI事業、アウトソーシング事業で培った実績にクラウドの特徴を加え、企業の経営システム改革支援のためのサービスを提供しています。

最大の特徴は、NECが自ら行っている経営システム改革の経験を活かし、データセンターから業務プロセスの範囲までトータルにサービス提供できることです。

マルチクラウドアセスメント

市場に混在するクラウドサービスの精査および活用方法についての方向性を提言するサービスです。
パブリッククラウド、プライベートクラウドなどのクラウドサービスの適用判断を、貴社業務領域ベースで実施します。

マルチクラウド時代の到来

<マルチクラウド時代の新たな課題>

  • クラウドサービスが多様化していて、何から検討すればよいのかわからない?
  • パブリッククラウドに社内情報を出して大丈夫?セキュリティは問題ないのか?
  • クラウドでITコストは安くなるの?
  • サービスレベルは?IT品質は落ちたりしない?
など、etc

クラウドサービスの多様化により、”オンプレミス/プライベート環境”と”複数のパブリッククラウド環境”を要件に応じて組合せて活用することで、新たな価値(品質・コスト、スピード等)の創出が可能な時代へと変化しています。

マルチクラウドアセスメントだからできること

  • 多岐に渡るアセスメント結果から、IT部門の改善計画や中期計画やITガバナンス方針の策定に活用いただけます。
  • クラウド活用もしくはIT環境の全体最適化を検討されている場合、その計画の検証ツールとして活用いただけます。
  • IT環境の標準化やクラウド活用の方向性についての意識レベルの整合、ベクトル合わせが行えます。
  • 市場に混在するクラウドサービスの精査および活用方法についての方向性を提言します。

進め方

  • IT部門の方々へのヒアリングおよびアセスメントシートへの回答に基づいて分析を行い、クラウド化の適用可能性も 含めた課題、取り組みのロードマップ、期待効果等について短期間で提示致します。
  • 標準所要日数は最短で1.5ヶ月程度です。

クラウド化企画サービス

コスト削減/スピード/柔軟性を確保するお客様の基幹業務システムにとって、最適なクラウドサービスの形態を定義した上で、実現に向けた適用方法やロードマップ、導入効果を「見える化」します。

このようなことをお考えではありませんか?

  • 基幹業務システムの再構築にあたり、コスト削減を図りたい。
  • 自社の基幹業務システムにおけるクラウド化の効果を知りたい。

NECの「クラウド化企画サービス」だからできること

  • クラウド化効果を高める、業務/システム統合領域を特定することができます。
  • クラウド化の実現方式とロードマップを立案します。
  • クラウド化導入による期待効果の算定が可能です。

進め方

業務およびIT部門の方々へのヒヤリングとアセスメントシートを活用して、最適なクラウド化のゴールイメージや実現方式・規定事項を設定します。具体的な導入効果やメリット、今後のロードマップを約2ヶ月で策定します。 クラウド化にあたり、業務やシステムの統合/標準化ターゲットを定めるとともに、IT組織再編の方向性も示します。

クラウド化企画サービスの進め方

ページの先頭へ戻る