ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社会貢献活動
  4. 人材育成
  5. NECワーキングマザーサロン
  6. 参加者の声
ここから本文です。

参加者の声

2015年度は、13都道府県の25区市町で、55回開催し、485人の皆さまに参加いただきました。

就労状況

円グラフ:就労中41%、出産育児休業中34%、専業主婦15%、未回答8%、学生1%、その他1%

年齢層

横棒グラフ(合計398人):10代 1人、20〜24歳3人、25~29歳36人、30~34歳145人、35~39歳149人、40~44歳49人、45~49歳7人、50歳以上4人、未回答4人

参加してみて今の気持ちに近いものはなんですか?

横棒グラフ(回答数1,283人(複数回答可)):228人-現状が把握できた、185人-気持ちが整理できた、152人-今の自分を受け入れられた、140人-パートナーと話したい、120人-もっと自分自身で考えたい、110人-不安や悩みが整理された、110人-もっと話して深めたい、96人-次の一歩を踏み出す意欲が湧いた、76人-働くことへの意欲が湧いた、32人-職場の上司や同僚と話したい、16人-不安や悩みが解消した、その他-12人、未回答-12人、変化はない-1人

参加してよかったですか?

円グラフ:とても良かった76%、良かった22%、どちらともいえない1%、未回答1%

今後参加したいと思いますか?

円グラフ:また参加したい70%、運営メンバーに関心がある14%、未回答11%、今回の参加で満足6%

参加者の声

  • 自分の中で「あるべき」姿にしばられていました。妻として、母として、働く人として。でもその姿になりきれない自分を責めていました。でも、今日のサロンを通じて、本当に自分がしたいことは何かを見つめて、パートナーと話して実現させていきたいという意欲がわいてきました。後悔でなく笑顔で仕事復帰したいです!(25~29歳、産育休中)
  • もっと自分自身のことを考えてもいいんだ。自分の希望ややりたいことを尊重してもいいんだと思えました。育児が大事!母親なんだから子どものことを第一に考え生活するのが母としての役目と勝手に背負い込んでいたけれど、いざG&Nを書き出すと、子ども以外の話題も多く、職場復帰を控えていて、無意識に視野が広がっているのかと気付いた。
    育児・仕事の両立にはパートナーシップが重要で、子ども抜きで2人で話し合う場を定期的に設けるようにしたい。職場復帰をして、自分の心がどのように変化するのか楽しみ。(30~34歳、産育休中)
  • 「はたらく」がテーマでしたが、人生について考えるきっかけになりました。いろいろなご意見、立場の方のお話をうかがえて、自分のことについてもっと考えたい、自分はどうしたいのか考えたい、そのためにパートナーと話し合いたいと思いました。(35~39歳、産育休中)
  • もっと交流してみたいと思った。「母となってはたらく」ということは、悩みもとても多い中でみんな居るんだと思った。それでも、いち社会人として社会の中に居ることに尊敬。自分自身も自分がやれるところで、やれるコトから始めようと思った。(30~34歳、子育て中)
  • 語り合うことで気づきがたくさんうまれるということを感じました。自分のこりかたまった(そのことにも気づいていない)価値観を他の人の話を聞くことで変えることができたり気づくことができました。みんな色んなストーリーがある、そのことで励まされ元気になった自分もいました。(30~34歳、産育休中)
  • もやもやしたり、不安なのは自分だけではなく、みんな正解のないものを一生懸命迷ったり悩んだりしていることが良く分かった。そして、そのこと自体がとても素敵な事のように感じられ、母となって仕事と向き合おうとしている自分が前より好きになった。仕事復帰した際には、「母業」と「仕事」を悩みながらがんばっている世のお母さんたちをたくさん応援したいと思った。(25~29歳)

ページの先頭へ戻る