ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL WSエミュレータ
  4. 製品体系/価格
ここから本文です。

COBOL WSエミュレータ - 製品体系/価格

単位:円(税別)
型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL0205-102
COBOL WSエミュレータ Ver2.0
80,000
1,000
  • *WSエミュレータをインストールするには、インストール媒体(COBOL Media Option Ver1.1)の手配が別途必要です。
  • *製品購入後のサポート(お問い合わせ対応等)についてはPP・サポートサービスの契約が必要です。もしくは後述のサポートパックを購入願います。
単位:円(税別)
型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL0205-H102
COBOL WSエミュレータ Ver2.0
(1年間保守つき)
92,000
1,000
UL0205-J102
COBOL WSエミュレータ Ver2.0
(1年間時間延長保守つき)
95,600
1,300
  • *期間終了後、サポートを継続するにはPP・サポートサービスの契約が必要です。もしくは以下のサポートパックを購入願います。
単位:円(税別)
型番 製品名 希望小売価格
ULH1S-0205-001
PPSupportPack
(COBOL WSエミュレータ)
12,000
単位:円(税別)
型番 製品名 希望小売価格
UL1065-102
COBOL Media Option Ver1.1
10,000
  • *COBOL Media Option Ver1.1には、
    COBOL WSエミュレータ Ver2.0、
    COBOL アプリケーション実行環境 Server Ver1.0、
    COBOL アプリケーション実行環境 Client Ver1.0、
    COBOL 拡張システムサブルーチン Server Ver1.0、
    COBOL 拡張システムサブルーチン Client Ver1.0
    が含まれており、何れかの製品をインストールする場合に購入が必要です。
    製品毎に購入する必要はありません。

補足事項

ライセンスについて
    • クライアント台数分WSエミュレータの購入が必要です。
別途、購入が必要な製品について
    • WSエミュレータを本番環境で使用する場合は、COBOL Standard Edition Client Runtimeの購入(インストール不要)が必要です。
      WSエミュレータを使用してCOBOLアプリケーションを実行する場合、COBOLアプリケーションの実体はサーバ側で実行され、画面入出力のみWSエミュレータで行います。
      COBOL Standard Edition Client Runtimeは、WSエミュレータを使用してサーバ側でCOBOLアプリケーションを実行するため必要になります。
    • WSエミュレータを本番環境で使用する場合は、使用する機能により以下の製品の購入(インストール不要)が必要です。
      IFASPRO RDB Client Runtime
      COBOL DBアクセス Client Runtime
      COBOL SQLアクセス Client Runtime

      • 他のDBにアクセスする製品等が出荷された場合も購入が必要となる製品がありますので、こちらをご覧ください。
画面フォントについて
    • JIS78の画面フォントをWSエミュレータで使用する場合は、FontAvenue JIS78/90文字セットの購入が必要です。
      WSエミュレータが使用する文字コード規格はJIS78を前提としており、JIS78に対応していない他の日本語フォントは使用可能ですが、文字コード規格が異なるため正しい字体が表示されない場合があります。

ページの先頭へ戻る