ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL 拡張システムサブルーチン
  4. 特長/機能
ここから本文です。

COBOL 拡張システムサブルーチン - 特長/機能

特長

  • COBOL 拡張システムサブルーチンは、NECオフィスプロセッサの主なサブルーチンの機能をExpressサーバ/PCクライアント上で実現させます。
  • オフィスプロセッサ上で構築してきたCOBOLの資産を活用し、サブルーチンの機能をExpressサーバ/PCクライアントへ移行することが可能です。

機能

データ操作機能

機能名 サブルーチン
モジュラス自己検査
@CHKD
1バイトコード変換 CBLCODE
水平パリティ計算 @BCC
数字データの拡張編集 @EDTF
2進→10進変換 @BTD
10進→2進変換 @DTB
文字イメージ→16進変換 @CTH
16進変換→文字イメージ @HTC
JIS8←→EBCDICコード変換 @JEC
JIS日本語→シフトJIS日本語コード変換 C-CJS
シフトJIS日本語→JIS日本語コード変換 C-CSJ

ファイル操作機能

機能名 サブルーチン
プリンタ非同期出力 *1 @PPRT
状態コード設定 @FSWP
ファイル削除 @DEAL
一時ファイル宣言 *1 @TMPF
一時ファイル解放 *1 @TMPD
IFASファイル仮クローズ CBLTCLS
  • *1使用するにはCOBOL アプリケーション実行環境 Server又はCOBOL アプリケーション実行環境 Clientが動作している必要があります。

画面操作機能

機能名 サブルーチン
ブザー鳴動 @BUZS
アトリビュートの設定 @ATRS
自ウィンドウのアクティブ化 @ACTIVE
画面ハードコピー @CHCPY

装置制御機能

機能名 サブルーチン
RS-232Cインタフェース オープン @JOPN
RS-232Cインタフェース クローズ @JCLS
RS-232Cインタフェース データ入力 @JRED
RS-232Cインタフェース データ出力 @JWRT
RS-232Cインタフェース 状態センス @JSEN
RS-232Cインタフェース パラメータセット @JCON

システムインタフェース機能

機能名 サブルーチン
タイマルーチン CBLTIMER
西暦4桁取得 SYS-DATE
コンピュータ名取得 @CNAME
クライアントのコンピュータ名取得 *2 @WSNAME
別プログラムの起動 *3 *4 @NETSPAWN
プログラム間通信 メッセージボックスの設置 @MCRE
プログラム間通信 メッセージボックスの撤去 @MDEL
プログラム間通信 メッセージボックスの開設 @MENA
プログラム間通信 メッセージボックスの閉鎖 @MDIS
プログラム間通信 メッセージの送信 @TSND
プログラム間通信 メッセージの受信 @TRCV
プログラム間通信 メッセージ送受信状態チェック @MCHK
プログラム間通信 メッセージの送受信キャンセル @MCAN
  • *2使用するにはCOBOL アプリケーション実行環境 Server及びCOBOL WSエミュレータが動作している必要があります。
  • *3使用するにはCOBOL アプリケーション実行環境 Server及びCOBOL アプリケーション実行環境 Clientが動作している必要があります。
  • *4COBOL 拡張システムサブルーチン Clientで利用できます。ただし、リモートデスクトップ環境で使用する場合のみCOBOL 拡張システムサブルーチン Serverで使用できますが、COBOL WSエミュレータ上で動作するCOBOLアプリケーションには使用できません。

ページの先頭へ戻る