ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL
  4. 製品体系/価格
  5. システム構成
  6. OCF21 から移行
ここから本文です。

システム構成 - Open COBOL Factory 21 から COBOL へ移行

COBOL は Open COBOL Factory 21 との互換性があります。

COBOLに移行するメリット

COBOLは最新技術・規格に対応しつつ、Open COBOL Factory 21との高い互換性を実現。

※Open COBOL Factory 21は2016年3月31日をもちまして販売を終了いたしました。後継製品としてCOBOLを推奨しています。

COBOL Standard Edition への移行

Windows 32bit環境のミドルウェアと、Windows 64bit環境のミドルウェアは、ほぼ一対一で対応しています。移行作業としては既存資産の 64ビット化および帳票製品変更による変換作業が必要です。

Server OS

client OS

Open COBOL Factory 21とCOBOL Standard Edition製品の対応

OCF21の製品 SEの対応製品/機能 備考
OCF21/COBOL85 Pro およびCOBOL85 COBOL Standard Edition Developper 開発環境+コンパイラ
OCF21/COBOL OOEXTENSION 標準機能
OCF21/IFASPRO
OCF21/COBOL85 View Generator 標準機能(*1)
OCF21/WEBCOBOL 画面節移行機能は標準機能としてサポート。それ以外は、COBOL Enterprise Edition機能として提供予定(*2)
OCF21/COBOL85 SQLEXTENSION 標準機能(*3)
OCF21/COBOL Remote Workbench COBOL Enterprise Edition機能として提供中
OCF21/ObjectPartner Pro 別製品としてリニューアル予定
OCF21/COBOLCLINIC
OCF21/SORTKIT SORTKIT/Enterprise、COBOL ソートマージClientとして提供
OCF21/帳楽Ex オープン帳票で再作成(WebSAM Rakuform、VISUALFORMS)
OCF21/プリ楽

(*1) 実行時にはCOBOL GUI Server RuntimeまたはCOBOL GUI Client Runtimeが必要

(*2) 実行時にはCOBOL WEB Server Runtimeが必要

(*3) 実行時にはCOBOL SQLアクセスServer Runtime またはCOBOL SQLアクセスClient Runtimeが必要

OCF21のCOBOL関連製品 SEの対応製品/機能 備考
DBリンクキット COBOL DBアクセス 拡張機能(オプション)
IFASPRO/RDB IFASPRO RDB
アプリケーション実行環境 COBOLアプリケーション実行環境
COBOL85システムサブルーチン COBOL 拡張システムサブルーチン
VISUALFORMS  
TPBASE COBOL Standard Editionからは利用不可。COBOLEnterprise Editionのみ対応。
WebOTX COBOL Standard Editionからは利用不可
Oracle Pro*COBOL  

COBOL Enterprise Edition への移行

Windows 32bit環境のミドルウェアと、Windows/Linux 64bit環境のミドルウェアは、ほぼ一対一で対応しており、COBOLプログラム・画面・DB など既存資産の 64ビット化のみ実施で、大幅なシステム再設計は不要です。

ページの先頭へ戻る