ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL DBアクセス
  4. 製品体系/価格
ここから本文です。

COBOL DBアクセス - 製品体系/価格

最新版型番・価格

ソフトウェア製品

単位:円(税別)

型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金(*)
UL1575-001 COBOL DBアクセス for Oracle Ver1.1 80,000 1,000
UL1575-002 COBOL DBアクセス Server Runtime Ver1.1 50,000 1,000
UL1575-003 COBOL DBアクセス Client Runtime Ver1.1 30,000 400
UL1575-004 COBOL DBアクセス for SQL Server Ver1.1 80,000 1,000
UL1575-H001 COBOL DBアクセス for Oracle Ver1.1(1年間保守つき) 92,000 1,000
UL1575-H002 COBOL DBアクセス Server Runtime Ver1.1(1年間保守つき) 62,000 1,000
UL1575-H003 COBOL DBアクセス Client Runtime Ver1.1(1年間保守つき) 34,800 400
UL1575-H004 COBOL DBアクセス for SQL Server Ver1.1(1年間保守つき) 92,000 1,000
UL1575-J001 COBOL DBアクセス for Oracle Ver1.1(1年間時間延長保守つき) 95,600 1,300
UL1575-J002 COBOL DBアクセス Server Runtime Ver1.1(1年間時間延長保守つき) 65,600 1,300
UL1575-J003 COBOL DBアクセス Client Runtime Ver1.1(1年間時間延長保守つき) 37,200 600
UL1575-J004 COBOL DBアクセス for SQL Server Ver1.1(1年間時間延長保守つき) 95,600 1,300
  • *製品購入後のサポート(お問い合わせ対応等)についてはPP・サポートサービスの契約が必要です。もしくは後述のサポートパックを購入願います。

ソフトウェア保守製品(サポートパック)

単位:円(税別)

型番 製品名 希望小売価格
ULH1S-1575-001 PPSupportPack(COBOL DBアクセス for Oracle) 12,000
ULH1S-1575-002 PPSupportPack(COBOL DBアクセス Server Runtime) 12,000
ULH1S-1575-003 PPSupportPack(COBOL DBアクセス Client Runtime) 4,800
ULH1S-1575-004 PPSupportPack(COBOL DBアクセス for SQL Server) 12,000

ライセンスの考え方

COBOL DBアクセスの製品体系は以下のようになっています。

サーバ/
クライアント
製品名 備考
サーバ COBOL DBアクセス for Oracle
COBOL DBアクセス for SQL Server
Oracle/SQL Serverと同一コンピュータに導入
2コアにつき1本必要
クライアント COBOL DBアクセス Server Runtime サーバOS(Windows Server)に導入
インストール単位(マシン単位)に1本必要
リモート接続(手段は問わない)により、サーバ上のアプリケーションを実行する
接続するマシン単位に1本必要
COBOL DBアクセス Client Runtime クライアントOS(Windows 7/8/8.1/10)に導入
インストール単位(マシン単位)に1本必要
リモート接続(手段は問わない)により、サーバ上のアプリケーションを実行する
接続するマシン単位に1本必要

以下の例におけるサーバは、2コア以下、データベースとしてOracle導入済みの前提です。

サーバ集中型で運用される場合

ご利用になるサーバのコア数に応じてCOBOL DBアクセス for Oracleを購入していただく必要があります。サーバ上のCOBOLアプリケーションをサーバ内に閉じた形で実行する際は、COBOL DBアクセス Server/Client Runtimeは必要ありません。
ただし、リモート接続(リモートデスクトップ接続、COBOL WSエミュレータなど)によりサーバ上のCOBOLアプリケーションを実行する場合は、接続する端末台数分のCOBOL DBアクセス Server/Client Runtimeが必要です。

  • *(例) DBサーバ1台(1CPU,2Coreマシン)のみで運用する場合
    COBOL DBアクセス for Oracle Ver1.1 (UL1575-001) × 1

サーバ集中型

クライアント・サーバ形式で運用される場合

ご利用になるサーバのコア数に応じたCOBOL DBアクセス for Oracleと、ご利用になるクライアントマシン台数分のCOBOL DBアクセス Server/Client Runtimeを購入していただく必要があります。

クライアントマシンがサーバOSの場合は、COBOL DBアクセス Server Runtimeが必要で、クライアントOSの場合はCOBOL DBアクセス Client Runtimeが必要になります。

  • *(例) クライアント2台(Windows Server 2012 R2, Windows 8.1)とDBサーバ1台(1CPU,2Coreマシン)の構成で運用する場合
    COBOL DBアクセス for Oracle Ver1.1 (UL1575-001) × 1
    COBOL DBアクセス Server Runtime Ver1.1 (UL1575-002) × 1
    COBOL DBアクセス Client Runtime Ver1.1 (UL1575-003) × 1

サーバ集中型

1台のAPサーバを複数クライアントから使用される場合

DBサーバにはDBサーバのコア数に応じたCOBOL DBアクセス for Oracleを、APサーバにはAPサーバ台数分のCOBOL DBアクセス Server Runtimeを購入していただく必要があります。また、接続するクライアント台数分のCOBOL DBアクセスClient Runtimeを購入していただく必要があります。

  • *(例) 1台のAPサーバ(15台のクライアントから使用)とDBサーバ1台(1CPU,2Coreマシン)の構成で運用する場合
    COBOL DBアクセス for Oracle Ver1.1 (UL1575-001) × 1
    COBOL DBアクセス Server Runtime Ver1.1 (UL1575-002) × 1
    COBOL DBアクセス Client Runtime Ver1.1 (UL1575-003) × 15

サーバ集中型


ページの先頭へ戻る