ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL
  4. コンセプト
ここから本文です。

COBOL - コンセプト

現在も基幹業務システムの多くが COBOLプログラムで実現されています。一方、新たな基幹業務システムは、最新技術を活用し易いオープン環境で、Java 等の新たなプログラミング言語を使って構築するのが主流となっています。

だからといって、これまで多大な投資をして業務ノウハウが詰まった膨大な COBOL資産を捨ててしまってよいのでしょうか?

いいえ、COBOL と他のプログラミング言語は得意領域が違います。COBOL が得意な事務処理系は COBOL でシステム構築をするのがお勧めです。NEC の COBOL は最新規格、最新技術に対応することで、既存の COBOL資産をオープン環境で活用可能とし、最適な基幹業務システム構築を支援します。

導入効果

  • 最新HW/OS提供の性能をそのまま享受できます。
  • 大規模システムの開発生産性が向上します。
  • 既存COBOL資産を最大限、活用できます。

ページの先頭へ戻る