ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL
  4. 特長/機能
ここから本文です。

COBOL - 特長/機能

NEC オープン系 COBOL85開発環境との互換性を保ちつつ、COBOL第4次国際規格(2002規格)に対応。なおかつ業務システムの 64ビット対応やマルチスレッドでの並列実行を実現する COBOL開発環境です。

ご用件に合わせた2つのEdition

既存システムからの移行や業務システムに対応する 2つの Edition を用意します。

エディション名 ご用件 対応OS
Standard Edition オフコンからのオープン化向け、中小規模向け、スタンドアロン開発 Windows
Enterprise Edition 大規模・メインフレームからのオープン化向け、本格OLTP・バッチ処理、分散開発 Windows
Linux

Enterprise Edition for Windows、Standard Edition 機能比較表 

最新規格対応

JIS の最新規格である COBOL第4次規格に対応しています。

詳細ページへ

最新技術対応

  • オブジェクト指向機能
  • 64ビットアプリケーションを生成
  • 局所記憶節(LOCAL-STORAGE SECTION)
  • 外部リポジトリ機能
  • コード並列化機能(Enterprise Edition、対応時期未確定)
  • インメモリDB 対応(Enterprise Edition、対応時期未確定)

詳細ページへ

A-VX互換機能

Standard Edition で提供

  • 画面
  • プリンタ
  • データベース
  • 実行制御
  • セキュリティ(カンパニID 機能)
  • SMART
  • 文字

詳細ページへ

OCF21互換機能

Standard Edition で提供

  • 画面のGUI化機能(COBOL85 View Generator相当)
  • 画面のWEB化機能(WEBCOBOL相当)

Standard Edition、Enterprise Edition で提供

  • SQLアクセス機能(COBOL85 SQLEXTENSION相当)

詳細ページへ

ACOS互換機能(Enterprise Edition)

Enterprise Edition for Linux で提供

  • refam機能

Enterprise Edition で提供

  • COBOL/S
  • GMP(Generalized Macro Processor)
  • COBOL拡張部品
  • 用語機能(対応時期未確定)

詳細ページへ

大規模開発支援(Enterprise Edition)

Enterprise Edition for Windows(V1 のみ)、Enterprise Edition for Linux で提供

  • Visual Studio ベースの分散開発環境

詳細ページへ

ページの先頭へ戻る