ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. ソリューション
  5. 仮想化環境の障害対策
ここから本文です。

CLUSTERPRO - 仮想化環境の障害対策

仮想環境での導入メリットを知りたい

仮想化ソフトの導入で得られるメリットを最大限に活かすために、仮想化環境にも障害対策が求められます。

仮想化ソフトの導入で得られるメリット

  • コスト削減
  • ECO(省電力化)
  • リソースの有効活用(サーバー統合)
  • レガシーマイグレーション
  • 評価/テスト環境用途

シングルサーバーの場合、例えば物理サーバーのハードウェアトラブルによって、全ての仮想マシンが停止し、全ての業務が停止してしまうケースも起こりえます。これは仮想化の導入における重大なリスクであり、より高可用性が求められます。

仮想環境での導入メリット

仮想化環境も、CLUSTERPROでクラスタリングすることで、耐障害性を兼ね備えた安心・安全な仮想化環境を運用することができます。

CLUSTERPROの導入で得られるメリット

  • 障害を検出し、業務継続(フェールオ-バー)できる。
    • 物理サーバーのハードウェア障害
    • 仮想マシンの障害
    • 業務アプリケーションの障害

  • マルチプラットフォーム(Windows, Linux, Solaris)に対応し、仮想化環境上のクラスターを統合管理できる。


CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る