ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X SingleServerSafe
  5. 動作環境
  6. 注意事項(Linux)
  7. Java実行環境の対応状況について
ここから本文です。

CLUSTERPRO X SingleServerSafe - Linux版 注意事項

Java 実行環境の対応状況について

Java 実行環境のバージョン毎の対応状況および、Java 実行環境のバージョンによる CLUSTERPRO への影響と回避方法に関する情報を提供いたします。

Java 実行環境 対応状況
Version 6 Update 45
(1.6.0_45)
動作確認済み(*1)
Version 7 Update 25
(1.7.0_25)
動作確認済み(*1)
下記の注意事項あり
Version 7 Update 40
(1.7.0_40)以降
動作未確認
オフライン版 Builder は動作不可
Version 7 Update 51
(1.7.0_51)
未対応
  • *1弊社でテストを行った結果を記載しておりますが、お客様の環境において正常動作を保証するものではありません。

WebManager の起動に時間がかかる事象について

現象
WebManager の起動に時間がかかります。
(環境により異なりますが3~4分程度を要します。)
発生条件
Java 実行環境 JRE 7 Update 25 (1.7.0_25) 以降にて、インターネットに接続されていなしコンピューター上で WebManager を起動すると発生します。
回避方法
下記の設定項目に対し“チェックしない”を設定してください。

   Javaコントロールパネル
    → 詳細
     → 証明書失効チェックを実行

オフライン版 Builder の画面がグレー表示となる事象について

現象
オフライン版 Builder を起動すると、Webブラウザー内の画面全体がグレー表示になります。
(Webブラウザーのタイトルバーには“Cluster Builder”と表示されます。)
発生条件
Java 実行環境 JRE 7 Update 25 (1.7.0_25) にて、バージョン X3.1.8-1 以前のオフライン版 Builder を起動すると発生します。
回避方法
バージョン X3.1.9-1 以降のオフライン版 Builder をご利用ください。(*2)
  • *2アップデート CPRO-XL430-12(内部バージョン3.1.10-1) 以降で提供されるオフライン版 Builder が該当します。

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る