ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X OperationHelper
  5. 動作環境
  6. 仮想化環境への対応(for WSFC)
ここから本文です。

CLUSTERPRO X OperationHelper for WSFC 仮想化への対応

CLUSTERPRO X OperationHelperは、Windows Server Failover Cluster (以下WSFC) の動作する環境であれば、仮想化環境で動作します。
クライアントコンポーネント、WebManagerにつきましても、それぞれ動作環境を満たしていれば、仮想化環境で動作します。

仮想化環境 構成例 1

Windows Server 2008 R2 物理マシン 2台を WSFC でクラスタ化することで、ゲストOSの可用性を高める構成です。

仮想化ソフト Windows Hyper-V
ホスト OS
(2台)
Windows Server 2008 R2
 + Hyper-V
 + WSFC
CLUSTERPRO X OperationHelper 動作可能
ゲスト OS 1 Windows Server 2003 R2
クライアントコンポーネント、WebManager 動作可能

仮想化環境 構成例 2

VMware vSphere 4 上の Windows Server 2008 仮想マシン 2台を、WSFC でクラスタ化する構成です。

仮想化ソフト VMware vSphere 4
ホスト OS VMware ESX 4.0
ゲスト OS 1 Windows Server 2008
 + WSFC
CLUSTERPRO X OperationHelper 動作可能
ゲスト OS 2 Windows Server 2008
 + WSFC
CLUSTERPRO X OperationHelper 動作可能
ゲスト OS 3 Windows Vista
クライアントコンポーネント、WebManager 動作可能

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る