ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X OperationHelper
  5. 動作環境
  6. 注意事項(for WSFC)
ここから本文です。

CLUSTERPRO X OperationHelper for WSFC 注意事項

CLUSTERPRO X OperationHelper for WSFC利用時の注意点を掲載しています。

注意事項
(*1) IA64 機種でのご利用について
IA64 機種でのご使用に関するお問い合わせは以下メールアドレスにお願い致します。
またお問い合わせの際には必要事項を必ず記入して頂きますようお願い致します。

Email:info@clusterpro.jp.nec.com
必要事項
  • お名前
  • 会社名/団体名
  • 連絡先メールアドレス

個人情報保護ポリシー
  • ご提供いただきましたお客様の個人情報につきましては「NEC個人情報保護ポリシー」に基づき適切に保護するとともに、当社からのご案内や製品開発へのご意見募集の目的にのみ使用されます。
  • 収集した情報の責任は、NEC第一ITソフトウェア事業部が負います。(※当サイトの個人情報保護について)
  • ご記入いただいた内容についてのお問い合わせ、また、当社からのご案内等の停止につきましては、info@clusterpro.jp.nec.com までご連絡ください。
(*2) IPバージョン6のご利用について
サーバコンポーネントならびにクライアントコンポーネントはIPバージョン6には対応しておりません。
(*3) WebManager使用時の注意事項
  • 管理用PCへの Java 実行環境の設定
WebManagerに接続するためには、管理用PCのWebブラウザにJava実行環境(Java™ Runtime Environment Version 5.0 Update 16 (1.5.0_16)または
Version 6.0 Update 18(1.6.0_18) )のJavaプラグインがインストールされている必要があります。
管理用PCにJava実行環境がインストールされていない場合、ブラウザからJavaのインストールを促されることがあります。
既にインストール済みの場合は、WebManagerで動作確認されているバージョンのJava実行環境であることを確認し、インストールの要否を判断してください。
WebブラウザにJavaプラグインを組み込む方法については、Webブラウザのヘルプ、並びにJava実行環境のインストールガイドを参照してください。
(*4) 64ノードのサポート

Windows Server 2012は、64ノードまでサポート。

(*5) WSFC構成情報取得コマンドとクラスタログ収集機能を使用時の注意事項
Windows Server 2012で、WSFC構成情報取得コマンドとクラスタログ収集機能を使用するにはMicrosoft .NET Framework 4.5が必要となります。これらの機能を使用しない場合は不要です。

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る