ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X OperationHelper
  5. 特長/機能
  6. for MSCS AdminExtension
ここから本文です。

CLUSTERPRO X OperationHelper for MSCS AdminExtension 特長/機能

CLUSTERPRO X OperationHelper for MSCS R2.0 AdminExtensionとは

CLUSTERPRO X OperationHelper for MSCS AdminExtensionは、MSCS※のシステム構築・障害解析を容易にし、さらなる高可用性・運用性を実現するミドルウェアです。

  • *※MSCS : Microsoft Cluster Service

CLUSTERPRO X OperationHelper for MSCS AdminExtension R1.0との違い

  • Windows Server 2003対応
    最大 8 ノードのクラスタを操作可能

特長

1.クラスタ構築・確認の容易化
2.状況確認・障害解析の容易化
3.障害調査の迅速化

1.クラスタ構築・確認の容易化 ~設定ミス削減~

個々のリソース単位で表示されていたリソース間の依存関係をビジュアルで全体表示・編集ができ、構築・確認・変更作業の時間を短縮できます。

今までは・・・

MSCSresource

構築・確認が大変でした。

OperationHelper AdminExtensionを用いると、こんなに簡単になります。

ResourceDependencies

2.状況確認・障害解析の容易化 ~障害時間の短縮~

最新のログ情報をPC等に表示させることで、過去の障害・警告情報を見ながらクラスタの管理・操作ができます。サーバから必用な情報を一括収集することで、収集漏れをなくし、障害調査・内容確認をスムーズにします。

AlertViewer

3.障害調査の迅速化 ~必要なログをもれなく一括収集~

ログ収集作業を、ログ収集ツールを使って簡単に行うことができます。ログ収集ツールを使って集めることのできるログは以下の通りです。

  • 各ノードのイベントログ
  • 各ノードのクラスタログ
  • 共有ディスクのクォーラムリソース情報
  • クラスタ監視サービスが保存したアラートビューア用ファイル

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る