ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO MCシリーズ
  5. 動作環境
  6. MC 1.0 for Linux
ここから本文です。

CLUSTERPRO MCシリーズ 1.0 for Linux 動作環境

CLUSTERPRO MCシリーズ 1.0 for Linux

製品共通の動作環境については「CLUSTERPRO MCシリーズ 1.0 for Linux 共通」をご覧ください。
製品個別の動作環境については各製品欄をご覧ください。
CLUSTERPRO MC ResourceSaver(MC SCOPE連携機能)の動作環境については個別に定めています。詳細は「CLUSTERPRO MC ResourceSaver 1.0 for Linux」をご覧ください。

CLUSTERPRO MCシリーズ 1.0 for Linux 共通
CLUSTERPRO MC ApplicationMonitor 1.0 for Linux
CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.0 for Linux
CLUSTERPRO MC StorageSaver 1.0 for Linux
CLUSTERPRO MC RootDiskMonitor 1.0 for Linux
CLUSTERPRO MC ResourceSaver 1.0 for Linux

CLUSTERPRO MCシリーズ 1.0 for Linux 共通

対象機種 *1 x86_64サーバー
IA32サーバー *2
対応OS Red Hat Enterprise Linux 6.4
Red Hat Enterprise Linux 6.3
Red Hat Enterprise Linux 6.2
Red Hat Enterprise Linux 6.1 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.8 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.7 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.6 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.5 *2 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.4 *2 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.3 *2 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.2 *2 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.1 *2 *3
Red Hat Enterprise Linux 5.0 *2 *3
Red Hat Enterprise Linux AS4 *2 *3
Red Hat Enterprise Linux ES4 *2 *3
Oracle Linux 6.3
Oracle Linux 6.2
Oracle Linux 5.8 *2 *3

IA32
Novell SUSE LINUX Enterprise Server 11 *2 *3
Novell SUSE LINUX Enterprise Server 10(SP3) *2 *3
対応HAクラスタリングソフトウェア CLUSTERPRO X 3.1
CLUSTERPRO X 3.0 *2 *3
CLUSTERPRO X 2.1 *2 *3
CLUSTERPRO X 2.0 *2 *3


  • *1NEC製Express5800シリーズ以外のサーバーをご利用の場合はこちらまでご相談ください。
  • *2CLUSTERPRO MC ApplicationMonitorは未対応です。
  • *3CLUSTERPRO MC ResourceSaver(CPU監視機能・ファイルシステム監視機能)は未対応です。

CLUSTERPRO MC ApplicationMonitor 1.0 for Linux

対応OS
※CLUSTERPRO MCシリーズ共通の対応OS以外で個別に対応しているものです。
x86_64
Oracle Linux 6.1
対応ソフトウェア Oracle Database 11g Release 2 *1
Oracle Database 11g Release 1
必要ディスク容量 x86_64
120MB以上
必要メモリ容量 x86_64
860MB以上


  • *1RAC One Node構成およびRACのポリシーベース管理構成には未対応です。

CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.0 for Linux

対応OS
※CLUSTERPRO MCシリーズ共通の対応OS以外で個別に対応しているものです。
x86_64、IA32
Oracle Linux 5.9

IA32
Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9
Turbolinux 10 Server
CentOS 4.9
必要ディスク容量 x86_64、IA32
16MB以上 *1
必要メモリ容量 x86_64、IA32
15MB以上 *2
  • *1pcheckプロセスを1つ起動した場合の使用量です。pcheckプロセスを複数起動する場合は約15MB×起動pcheck数分必要となります。
  • *2pcheck 1プロセスあたり約15MBを使用しますので、複数起動する場合は起動数分を算出してください。

CLUSTERPRO MC StorageSaver 1.0 for Linux

対応インタフェース FCスイッチ接続
FC直結(PointToPoint, Private Loop)
FWD/SE SCSI
iSCSI
対応ストレージ装置 *1 NEC
iStorage全シリーズ(ただし、E1シリーズ、HSシリーズは除きます)

EMC
対応しているEMCストレージについては、こちらでご確認ください。
対応マルチパス管理ソフトウェア
*2 *3
NEC
iStorage StoragePathSavior 5.5
iStorage StoragePathSavior 5.4
iStorage StoragePathSavior 5.3
iStorage StoragePathSavior 5.2
iStorage StoragePathSavior 5.1
iStorage StoragePathSavior 5.0
iStorage StoragePathSavior 4.7
iStorage StoragePathSavior 4.6
iStorage StoragePathSavior 4.5
iStorage StoragePathSavior 4.4
iStorage StoragePathSavior 4.2
iStorage StoragePathSavior 4.1

EMC
EMC PowerPath 5.7 SP1
EMC PowerPath 5.6
EMC PowerPath 5.5
必要ディスク容量 x86_64、IA32
65MB以上 *4
必要メモリ容量 x86_64、IA32
20MB以上
  • *1以下のストレージ装置を使用する場合は、装置の接続構成等をあらかじめ確認する必要があります。こちらまでご相談ください。以下に記載されていないストレージ装置への対応についてもご相談を承ります。
  • HPE社製
    P9000/XP、3PAR、EVAシリーズ
  • Hitachi社製
    Hitachi Universal Storage Platformシリーズ(旧名SANRISEシリーズ)
    Hitachi Virtual Storage Platform
  • IBM社製
    DSシリーズ
  • Fujitsu社製
    ETERNUSシリーズ
  • *2記載されていないマルチパス管理ソフトウェアへの対応についてもご相談を承ります。こちらまでご相談ください。
  • *3マルチパス管理ソフトウェアが導入されていない環境では、CLUSTERPRO MC StorageSaverのI/Oパス自動閉塞機能がご利用いただけません(マルチパス管理ソフトウェアが導入されていなくてもCLUSTERPRO MC StorageSaverをご利用いただくことは可能です)。
  • *4CLUSTERPRO MC StorageSaverが出力するメモリダンプファイルおよびログファイルの容量を含まないディスク容量を記載しています。

CLUSTERPRO MC RootDiskMonitor 1.0 for Linux

必要ディスク容量 x86_64、IA32
1MB以上 *1
必要メモリ容量 x86_64、IA32
5MB以上
  • *1CLUSTERPRO MC RootDiskMonitorが出力するメモリダンプファイルおよびログファイルの容量を含まないディスク容量を記載しています。

CLUSTERPRO MC ResourceSaver 1.0 for Linux

CPU監視機能・ファイルシステム監視機能
対応OS
※CLUSTERPRO MCシリーズ共通の対応OS以外で個別に対応しているものです。

Oracle Linux 6.4

必須ライブラリ x86_64、IA32
libxml2
(OSインストール時にlibxml2をインストールしてください。)
対応HAクラスタリングソフトウェア
※CLUSTERPRO MCシリーズ共通の対応HAクラスタリングソフトウェア以外で個別に対応しているものです。
CLUSTERPRO X 3.2
必要ディスク容量 x86_64、IA32
約2MB以上 *1
必要メモリ容量 x86_64、IA32
約90MB以上 *2
  • *1CLUSTERPRO MC ResourceSaverが出力するメモリダンプファイルおよびログファイルの容量を含まないディスク容量を記載しています。
  • *2CPUを1個監視、ファイルシステムを1パーティション監視、トレース情報エントリ数10000で設定した場合の必要メモリ容量を記載しています。
MC SCOPE連携機能
対象機種 x86_64
Express5800/A1020a
Express5800/A1020b
Express5800/A1040
Express5800/A1040a
Express5800/A1080a
Express5800/A1160
NX7700x/A2010M
NX7700x/A2010L
対応OS x86_64
Red Hat Enterprise Linux 6.4
Red Hat Enterprise Linux 6.2
Red Hat Enterprise Linux 6.1
Red Hat Enterprise Linux 5.8
Red Hat Enterprise Linux 5.7
Red Hat Enterprise Linux 5.6
Red Hat Enterprise Linux 5.5
Red Hat Enterprise Linux 5.4
Red Hat Enterprise Linux 5.3
Oracle Linux 6.4
Oracle Linux 6.2
必須ソフトウェア x86_64
CLUSTERPRO X 3.2
CLUSTERPRO X 3.1
CLUSTERPRO X 3.0
CLUSTERPRO X 2.1
CLUSTERPRO X 2.0

x86_64
MC SCOPE V2.2(RHEL6)
MC SCOPE V2.2(OL6)
MC SCOPE V2.1(RHEL6)
MC SCOPE V2.1(OL6)
MC SCOPE V2.0
MC SCOPE V1.7(RHEL5)
MC SCOPE V1.6
MC SCOPE V1.5
MC SCOPE V1.4
MC SCOPE V1.3
MC SCOPE V1.2
MC SCOPE V1.1
必要ディスク容量 x86_64
約0.5MB以上
必要メモリ容量 x86_64
約46MB以上



CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る