ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO MCシリーズ
  5. FAQ
ここから本文です。

CLUSTERPRO MCシリーズ - FAQ

販売や保守に関する質問

  1. 仮想マシン(ゲストOS)へ製品を導入する場合のライセンス体系を教えてください。
  2. 現在、物理サーバー環境で製品を使用していますが、仮想サーバーへのライセンス転用は可能でしょうか。
  3. 製品のサポート停止日について、バージョンごとに教えてください。
  4. マシンIDを現状確認できないのですが、コードワードの発行は可能でしょうか。
  5. CLUSTERPRO MCシリーズは、単体で動作しますか。それともCLUSTERPRO Xと連携しないと動作しないのでしょうか。
  6. CLUSTERPRO MC StorageSaverはExpress5800、NX7700xシリーズ向けと他社製サーバー向けの二種類ありますが、ストレージがEMCの場合はどちらを購入すればよいのでしょうか。
  7. 有効なCPU数分のライセンスを購入しています。その際に発行するコードワードもライセンス数分必要でしょうか。それとも1ノードに1つあればよいのでしょうか。
  8. CLUSTERPRO MCシリーズの試用版を使用したいと考えているのですが、以下4点について教えてください。
    1. 試用期間はどのくらいでしょうか。
    2. 申請方法(入手方法)はどのようにすればよいでしょうか。
    3. 製品版の全機能が利用できるのでしょうか。
    4. 試用版ライセンスキーを製品版ライセンスキーに入れ替えるだけで製品版として利用できるのでしょうか。(再インストールの必要がない。また、再設定の必要がない。)(作業が製品版ライセンスキーの入力のみなのか。)
  9. IPアドレスやホスト名が変更となる場合、CLUSTERPRO MCシリーズのライセンスは、何か対処が必要でしょうか。
  10. 他社製サーバーを使用しています。対象機器が動作環境に対応しているか確認する方法を教えてください。
  11. 1年分保守パックの選定と保守契約をした場合に、バージョンアップ権は付いてきますか。
  12. 納品前にコードワードの正式版を先に入手することは可能でしょうか。
  13. 動作実績がないサーバーに他社製サーバー向け製品を導入した場合、何か障害が起きた際に、サポートは受けられますか。
  14. ライブマイグレーションで仮想マシンを別の物理サーバーへ移動する運用を想定しています。この場合、移動前の仮想マシンライセンス、および移動後の仮想マシンライセンスが必要でしょうか。
  15. 仮想環境のゲストOS上で使用する場合、コードワード申請はゲストOSのマシンIDでの申請でしょうか。
  16. 媒体製品(CD)の購入単位を教えてください。
  17. データベース監視製品の導入を検討しています。以下の製品にはどのような差異がありますか。
    • ・CLUSTERPRO X Database Agent
    • ・CLUSTERPRO MC ApplicationMonitor
  18. 媒体製品(CD)を複製することは可能でしょうか。
  19. コードワードを申請するにあたり、製品番号を教えてください。
  20. ソフトウェア使用認定証を紛失してしまいました。再発行することは可能でしょうか。
  21. CLUSTERPRO MCシリーズ for Windowsについて、マニュアルにMicrosoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1が必要となる旨記載がありますが、Microsoft .NET Framework 4.xは使用できないのでしょうか。
  22. 仮想化環境におけるサーバー構築方法として、製品をインストールした仮想マシンを複製することは問題ないでしょうか。
  23. PP・サポートサービスを解約した場合の影響を教えてください。
Q1仮想マシン(ゲストOS)へ製品を導入する場合のライセンス体系を教えてください。
A1ライセンス体系は、仮想マシン台数カウント方式となります。仮想マシン(ゲストOS)の台数分ライセンスをご購入ください。詳細につきましては、以下の資料をご覧ください。

CLUSTERPRO MCシリーズ 2.2 for Linux ドキュメント
http://jpn.nec.com/clusterpro/mc_ha/linux/download22l.html#mc
→ CLUSTERPRO MCシリーズ 仮想化ライセンス体系資料
Q2現在、物理サーバー環境で製品を使用していますが、仮想サーバーへのライセンス転用は可能でしょうか。
A2物理サーバーから仮想サーバーへのライセンス転用はできません。なお、物理サーバーから異なる物理サーバーへのライセンス転用もできません。
Q3製品のサポート停止日について、バージョンごとに教えてください。
A3サポート期間につきましては、製品の出荷停止から5年間の標準サポートを含む最大10年間のサポートを提供します。

サポートポリシー制定の趣旨(PP・サポートサービス)
http://jpn.nec.com/service/support/pp/policy.html
→ サポート期間とサポートレベル
Q4マシンIDを現状確認できないのですが、コードワードの発行は可能でしょうか。
A4マシンIDが確認できない場合、正式なコードワードの発行はできません。
Q5CLUSTERPRO MCシリーズは、単体で動作しますか。それともCLUSTERPRO Xと連携しないと動作しないのでしょうか。
A5CLUSTERPRO MCシリーズは、単体で動作します。
Q6CLUSTERPRO MC StorageSaverはExpress5800、NX7700xシリーズ向けと他社製サーバー向けの二種類ありますが、ストレージがEMCの場合はどちらを購入すればよいのでしょうか。
A6弊社が販売しているEMCストレージを購入した場合は、Express5800、NX7700xシリーズ向けをご購入ください。弊社が販売しているEMCストレージ以外を購入した場合は、他社製サーバー向けをご購入ください。
Q7有効なCPU数分のライセンスを購入しています。その際に発行するコードワードもライセンス数分必要でしょうか。それとも1ノードに1つあればよいのでしょうか。
A7コードワードはライセンス数分の登録が必要となりますので、購入していただいているライセンス数分のコードワード発行が必要となります。たとえば、1ノード2CPUの構成で2つのCPUライセンスを購入されている場合、2つのコードワードを発行していただく必要があります。
Q8CLUSTERPRO MCシリーズの試用版を使用したいと考えているのですが、以下4点について教えてください。
  1. 試用期間はどのくらいでしょうか。
  2. 申請方法(入手方法)はどのようにすればよいでしょうか。
  3. 製品版の全機能が利用できるのでしょうか。
  4. 試用版ライセンスキーを製品版ライセンスキーに入れ替えるだけで製品版として利用できるのでしょうか。(再インストールの必要がない。また、再設定の必要がない。)(作業が製品版ライセンスキーの入力のみなのか。)
A8
  1. 試用期間は2か月です。
  2. 試用版の申請方法(入手方法)につきましては、ダウンロードページよりお申し込みください。

    CLUSTERPRO MCシリーズ - ダウンロード
    http://jpn.nec.com/clusterpro/mc_ha/download.html
    → 試用版

     

  3. 製品版の全機能をご利用いただけます。
  4. ライセンスキーを製品版に入れ替えるだけで製品版として利用可能です。
Q9IPアドレスやホスト名が変更となる場合、CLUSTERPRO MCシリーズのライセンスは、何か対処が必要でしょうか。
A9コードワードを取得するためのマシンID情報に「ホストID情報を使用した場合(Linux)」と「NICのMACアドレスを使用した場合(Linux)」、「NICのPhysical Addressを使用した場合(Windows)」で異なります。
また、共通の補足事項もありますので、参考にしてください。

「ホストID情報を使用した場合(Linux)」は、コードワードを再取得していただく必要があります。 詳細については、こちら の資料をご確認ください。

「NICのMACアドレスを使用した場合(Linux)」、または「NICのPhysical Addressを使用した場合(Windows)」は、対処の必要はありません。

[共通の補足事項]CLUSTERPRO MC ApplicationMonitor for Linuxについては、旧設定の削除、変更後のホスト名での再設定が必要となります。

CLUSTERPRO MC ProcessSaverについては、ホスト名変更により監視対象のプロセス名が変更となる場合には、起動するプロセス名に合わせてProcessSaverの設定ファイルを変更する必要があります。
Q10他社製サーバーを使用しています。対象機器が動作環境に対応しているか確認する方法を教えてください。
A10NEC社製Express5800、NX7700xシリーズ以外のサーバーをご利用の場合は、以下の窓口までご相談ください。

CLUSTERPRO プリセールス窓口 : info@clusterpro.jp.nec.com
Q111年分保守パックの選定と保守契約をした場合に、バージョンアップ権は付いてきますか。
A11はい。バージョンアップ権が付きます。
Q12納品前にコードワードの正式版を先に入手することは可能でしょうか。
A12製品到着前に正式コードワードを入手することはできません。正式コードワードの発行には、納品物のソフトウェア使用認定証に記載されている製品番号が必要となります。 そのため、納品後に必要な情報がすべてそろい次第コードワードを申請いただく流れとなります。
Q13動作実績がないサーバーに他社製サーバー向け製品を導入した場合、何か障害が起きた際に、サポートは受けられますか。
A13サポートを受けることはできますが、未検証のサーバーやストレージ装置に対して、すべての機能が動作することを保証するものではありません。また、IAサーバーでないなど特殊な場合には対応できません。

未検証のサーバーやストレージ装置につきましては、お問い合わせいただくか、試用版の提供も行っていますので、お客さまの環境等での検証にご利用ください。
Q14ライブマイグレーションで仮想マシンを別の物理サーバーへ移動する運用を想定しています。この場合、移動前の仮想マシンライセンス、および移動後の仮想マシンライセンスが必要でしょうか。
A14いいえ。ライブマイグレーションによる移動後の仮想マシンライセンスは必要ありません。移動前の仮想マシンライセンスのみご購入ください。参考までに、以下の資料もご確認ください。

CLUSTERPRO MCシリーズ 2.2 for Linux ドキュメント
http://jpn.nec.com/clusterpro/mc_ha/linux/download22l.html#mc
→ CLUSTERPRO MCシリーズ 仮想化ライセンス体系資料 P.6
Q15仮想環境のゲストOS上で使用する場合、コードワード申請はゲストOSのマシンIDでの申請でしょうか。
A15はい。ゲストOSのマシンIDで申請をお願いします。
Q16媒体製品(CD)の購入単位を教えてください。
A16CLUSTERPRO MCシリーズの媒体製品(CD)は、製品定義上、1システムにつき数量1以上のご購入が必要となります。
Q17データベース監視製品の導入を検討しています。以下の製品にはどのような差異がありますか。
  • ・CLUSTERPRO X Database Agent
  • ・CLUSTERPRO MC ApplicationMonitor
A17各製品の監視できる項目の差異につきましては、下記の資料をご参照ください。

CLUSTERPRO MCシリーズ 2.2 for Linux ドキュメント
http://jpn.nec.com/clusterpro/mc_ha/linux/download22l.html#mc
→ Oracle Database 監視製品の使い分け P.6
Q18媒体製品(CD)を複製することは可能でしょうか。
A18許諾ソフトウェアの滅失、毀損等に備える目的でのみ1部複製することができます。それ以外の目的での複製は、ソフトウェア使用許諾書上、認めておりません。
Q19コードワードを申請するにあたり、製品番号を教えてください。
A19製品に添付されております、ソフトウェア使用認定証に記載がございます。ソフトウェア使用認定証をご確認いただきますようお願い致します。
Q20ソフトウェア使用認定証を紛失してしまいました。再発行することは可能でしょうか。
A20ソフトウェア使用認定証の再発行は致しかねます。万が一紛失された場合、再度ご購入いただくこととなりますので、ソフトウェア使用認定証は大切に保管してください。
Q21CLUSTERPRO MCシリーズ for Windowsについて、マニュアルにMicrosoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1が必要となる旨記載がありますが、Microsoft .NET Framework 4.xは使用できないのでしょうか。
A21Microsoft .NET Framework 4.xは使用できません。Microsoft .NET Framework 3.5のインストールを実施してください。

なお、Microsoft .NET Framework 3.5とMicrosoft .NET Framework 4.xは共存可能ですので、製品上特に影響はございません。
Q22仮想化環境におけるサーバー構築方法として、製品をインストールした仮想マシンを複製することは問題ないでしょうか。
A22製品をインストールする仮想マシン台数分のライセンスをご購入いただいていることを前提とし、以下の方法で複製することが可能です。

  1. 仮想マシンAにライセンス(コードワードA)を適用し、製品を通常インストール。
  2. 仮想マシンAのライセンス(コードワードA)を削除。
  3. 製品インストール済みの仮想マシンAを複製し、仮想マシンBを作成。
  4. 仮想マシンBにライセンス(コードワードB)を登録。

コードワードを削除した状態で複製することは可能ですが、コードワードを複製することはソフトウェア使用許諾書上認めておりませんので、ご注意ください。

なお、コードワードはマシンIDがないと払い出しができませんのでご注意ください。複製先のマシンIDでコードワードを申請し、受領したコードワードをご登録ください。
Q23PP・サポートサービスを解約した場合の影響を教えてください。
A23PP・サポートサービスを解約した上で製品を引き続きご利用いただくことは可能ですが、保守未契約の状態となりますとバージョンアップ提供ならびに製品に関するご質問などは一切お答えすることができなくなります。後に保守契約を行う場合、未契約期間についても遡及して保守費用をお支払いいただく必要がございますので、ご注意ください。

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る