ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X HAシリーズ
  5. SingleSaver
  6. 特長/機能
ここから本文です。

CLUSTERPRO X HA/SingleSaver - 特長/機能

特長

1. 可用性の向上によるダウンタイム削減

  • LANカード障害時に、待機LANカードへ自動切り替えすることにより、業務継続が可能です。
  • ミラーディスク障害時に、障害が発生した内蔵ディスクの自動切り離しを行い、業務レスポンスの低下を防止することができます。
  • OSデーモンの異常終了を検知した場合は、即時に再起動を行います。

2. 障害の自動通報による管理/運用コストの削減

  • LAN障害時、ミラーディスク障害時、OSデーモン異常終了時にE-mailで通知することにより、障害発生を早期に知ることができます。

CLUSTERPRO X HA/SingleSaverの導入前の概要図

CLUSTERPRO X HA/SingleSaverの導入後の概要図

機能

LANカード監視機能

  • 動作中のLANカードの死活監視を行います。LANカード故障やLANケーブル抜け、LANケーブル不良などのようなネットワークのリンク障害に対して、業務を停止することなく、待機LANカードへの切り替えを行います。

LAN全滅時のアクション機能【R2.1以降】

  • LANカード障害時、他のすべてのLANへ切り替えできなかった場合、ユーザ指定のアクションを実行します。

ミラーディスク監視機能

  • ソフトミラー構成のミラーディスクの死活監視を行います。ミラー化された内蔵ディスクのメディアエラーに対して、即時に障害パスの切り離しを行います。

その他サポート機能

  • OS標準のデーモンプロセスを監視します。デーモンプロセスの異常終了に対して、即時に再起動を行います。
  • システムログ(syslog)に障害情報を出力します。
  • 障害情報検知に対して、E-mailにて情報通知を行います。
  • 各監視項目は対話形式で容易に設定することが可能です。設定ファイルを直接編集することも可能です。設定ミスをチェックするコマンドを提供しています。これにより、複数サーバへ同様の設定が容易となり、導入コストが低減できます。
  • 運用LANが障害から復旧した際に、自動で待機LANから運用に切り替えることが選択できます。
  • 障害発生時、情報を効率よく採取するためのコマンドや、メール設定後の送信確認コマンドを用意します。

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る