ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X HAシリーズ
  5. ApplicationMonitor
  6. for RAC
ここから本文です。

CLUSTERPRO X HA/ApplicationMonitor for RAC

サーバ監視

概要

HA/ApplicationMonitor for RACは、ApplicationMonitor for Oracleでは未対応のOracle Real Application Clustersの障害監視を行うソフトウェアです。
Oracle Real Application Clustersのインスタンスの障害、リスナの障害、データベースの領域不足を監視します。また、障害を検出した場合は、クラスタ全体を総合的に判断し、適切な停止ノードの選択を行います。
クラスタウェアと組み合わせて使用することにより、アプリケーションレベルでより高度な可用性を実現することができます。
クラスタウェアは、Serviceguard + Serviceguard Extension for RACをサポートしています。

  • R5.4において、Oracle Database 12c Release1(12.1.0)の監視に対応しました。*1
  • R5.3において、クラスタウェア連携機能とリスナ監視ロジックを強化しました。
  • R5.2において、Oracle Database 11g Release2(11.2.0)の監視に対応しました。
  • R5.1において、インスタンス監視ロジックを強化しました。
  • R4.3において、Oracle Data GuardによるDR構成のバックアップサイトの監視に対応しました。
  • R4.2において、Oracle Database 11g Release1(11.1.0)の監視に対応しました。

CLUSTERPRO X HA/ApplicationMonitor for RACの製品概要図

  • *1R5.4の監視対象はOracle Database 12c Release1のみとなります。Oracle Database 11g Release2以前のバージョンを監視する場合は、動作環境で対応しているバージョンをご確認ください。

導入メリット

  • Oracle無応答障害の検出
    インスタンスダウンなどOracleが明示的にエラーを返す場合に加え、Oracleからの応答が戻らない(無応答)状態についても検出し、対処することで可用性を向上させます。

  • 障害の早期検出
    一定時間ごとにデータベース内にアクセスするため、障害の早期検出が可能です。検出時間が長くなりがちな無応答停止でも早期に障害検出可能です。

  • 障害の早期解決
    障害検出時に解析情報(ダンプやログ)を速やかに自動採取するため、原因判明までの時間を短縮できます。

  • 業務の継続性向上
    障害発生時に該当ノードを自動的に再起動することにより、明示的にRACを再構成し、正常なノードで業務を継続します。

その他

Linux
Linux版は2014年10月10日に販売を終了しました。
後継製品は CLUSTERPRO MC ApplicationMonitor(Linux版) となります。

最新情報

  • 2016年5月13日HA/ApplicationMonitor for RAC R5.4(HP-UX版)をリリースしました。
  • 2014年10月10日HA/ApplicationMonitor for RAC(Linux版)が販売停止になりました。
  • 2012年10月12日HA/ApplicationMonitor for RAC R5.3(HP-UX版)をリリースしました。
  • 2012年4月9日HA/ApplicationMonitor for RAC R4.4(Linux版)がOracle Database 11g Release2(11.2.0)の監視に対応しました。

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る