ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X
  5. 動作環境
  6. 注意事項(Windows)
  7. Windows XP SP2(RTMベース)以降でCLUSTERPRO Ver8.0以前のバージョンを使用する際の注意事項
ここから本文です。

CLUSTERPRO X - Windows版 注意事項

WindowsXP SP2 以降でCLUSTERPRO Ver8.0以前のバージョンを使用する際の注意事項

Windows XP SP2以降を適用されたクライアント端末で、CLUSTERPRO Ver8.0以前の以下の機能を利用する場合に問題が発生します。 (Windows XP SP2 RTM版での評価結果になります)

  • CLUSTERPROマネージャ
  • CLUSTERPROクライアント
  • Webサービス
  • ミラーディスクヘルパ
現象
1.CLUSTERPROマネージャ使用時に、下記の現象が発生します。
  • マネージャのクラスター情報表示(リソース動作状態など)が最新状態に自動更新されない。
  • マネージャのアラートビューにメッセージが登録されない。

2.CLUSTERPROクライアント使用時に、下記の現象が発生します。
  • クラスターの動作状態に変更が発生しても、ポップアップメッセージが表示されない。
  • クライアントAPIで、クラスターの動作状態の変更を検出できない。

3.Webサービス使用時に、下記の現象が発生します。
  • 他のマシン上のWebブラウザからWebサービスに接続できない。

4.ミラーディスクヘルパ使用時に、下記の現象が発生します。
  • 複数のミラーディスクヘルパ/ミラーディスクアドミニストレータを同時に起動した際、排他機構が動作せず、ミラーディスクヘルパ/ミラーディスクアドミニストレータが正常に動作しない。

対象製品
型番      製品名
-----------------------------------------------------------------
UL1034-A01  CLUSTERPRO SE for Windows Ver8.0 (~2CPU/システム)
UL1034-A11  CLUSTERPRO SE for Windows Ver8.0 (~4CPU/システム)
UL1034-A21  CLUSTERPRO SE for Windows Ver8.0 (~8CPU/システム)
UL1034-A31  CLUSTERPRO SE for Windows Ver8.0 (~16CPU/システム)
UL1034-A41  CLUSTERPRO SE for Windows Ver8.0 (~32CPU/システム)
UL1034-A06  CLUSTERPRO LE for Windows Ver8.0 (~2CPU/システム)
UL1034-A16  CLUSTERPRO LE for Windows Ver8.0 (~4CPU/システム)
UL1034-A26  CLUSTERPRO LE for Windows Ver8.0 (~8CPU/システム)
UL1034-A36  CLUSTERPRO LE for Windows Ver8.0 (~16CPU/システム)
UL1034-A0D  CLUSTERPRO FastSync Option for Windows Ver8.0
UL1034-A1D  CLUSTERPRO LE+ for Windows Ver8.0 (~2CPU/システム)
UL1034-A2D  CLUSTERPRO LE+ for Windows Ver8.0 (~4CPU/システム)
UQW3001-101 CLUSTERPRO SX for Windows Ver8.0 (~4CPU/システム)
UQW3001-102 CLUSTERPRO SX for Windows Ver8.0 (~8CPU/システム)
UQW3001-103 CLUSTERPRO SX for Windows Ver8.0 (~16CPU/システム)
UQW3001-104 CLUSTERPRO SX for Windows Ver8.0 (~32CPU/システム)
UQW3002-101 CLUSTERPRO LX for Windows Ver8.0 (~4CPU/システム)
UQW3002-102 CLUSTERPRO LX for Windows Ver8.0 (~8CPU/システム)
UQW3002-103 CLUSTERPRO LX for Windows Ver8.0 (~16CPU/システム)
UL1034-901  CLUSTERPRO SE for Windows Ver7.0
UL1034-907  CLUSTERPRO EE for Windows Ver7.0
UL1034-906  CLUSTERPRO LE for Windows Ver7.0
UL6001-001  CLUSTERPRO SX for Windows Ver7.0 (~4CPU/システム)
UL6001-011  CLUSTERPRO SX for Windows Ver7.0 (~8CPU/システム)
UL6001-021  CLUSTERPRO SX for Windows Ver7.0 (~16CPU/システム)
UL6001-031  CLUSTERPRO SX for Windows Ver7.0 (~32CPU/システム)
UL1034-801  CLUSTERPRO Ver6.0 Standard Edition (Windows 2000版)
UL1034-807  CLUSTERPRO Ver6.0 Enterprise Edition (Windows 2000版)
UL1034-806  CLUSTERPRO Ver6.0 Lite! (Windows 2000版)
原因
Windows XP SP2から導入されたセキュリティ強化によって、Windowsファイアウォール機能が有効となった場合、Windowsファイアウォール機能により、CLUSTERPROの使用する ポートが閉じられるため、上記の現象が発生します。
回避策
Windowsファイアフォールの設定で、「ポートの追加」を行います。

(1) 「マイネットワーク」のプロパティを開きます。
(2) 「ローカルエリア接続」のプロパティを開き、「詳細設定」タブを選択します。
(3) Windowsファイアウォール設定画面の「例外」タブを選択します。
(4) 「ポートの追加」ボタンを押し、下記の設定を追加します。

使用する機能      プロトコル     ポート
----------------------------------------------------
CLUSTERPROマネージャ   UDP     20008 (既定値)
CLUSTERPROクライアント   UDP     20007 (既定値)
Webサービス        TCP       80 (既定値)
ミラーディスクヘルパ    TCP     2009
  • 「名前」には任意の名前を設定してください。
  • CLUSTERPROで使用するポートを既定値から変更している場合は、変更後のポートを設定してください。

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る