ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X
  5. 動作環境
  6. 注意事項(Windows)
  7. ウィルスチェックソフトとの併用
ここから本文です。

CLUSTERPRO X - Windows版 注意事項

ウィルスチェックソフトとの併用について

現象

ウィルスチェックソフトが動作している場合、CLUSTERPROが正常に動作しない場合があります。

詳細

ウィルスチェックソフトが動作している環境でCLUSTERPROを使用する場合、CLUSTERPROが正常に動作しない場合があります。
ウィルスチェックソフトによりOSのAPIの動作に制限が発生したり、通信が正常にできなくなることに起因します。
現在確認できている異常な動作は以下の通りです。


  • ディスクリソース、ミラーディスクリソース、ハイブリッドディスクリソースなどのディスク系のリソースの活性処理に失敗する。
  • ディスクリソース、ミラーディスクリソース、ハイブリッドディスクリソースなどのディスク系のリソースの非活性処理に失敗する。
  • クラスターサービスの起動/停止および、クラスター操作/状態表示が遅延する。
  • Builderやclpcfctrlコマンドによるクラスター構成情報のアップロードが正常に動作しない。
  • WebManagerで接続するサーバーによって各オブジェクトのステータスが異なる。またはclpstatコマンドを実行するサーバーによって各オブジェクトのステータスが異なる。
対処

ウィルスチェックソフトで以下の設定を行ってください。


  • CLUSTERPROのインストールディレクトリをスキャン対象から除外する。


  • ※ CLUSTERPROのインストールディレクトリの既定値は、「%SystemDrive%\Program Files\CLUSTERPRO」ですが、インストール時に任意に変更可能であるため、お客様環境により異なる場合があります。


  • CLUSTERPROが使用する通信ポートについて通信制限を解除する。
    (ウィルスチェックソフトにファイアウォール機能が搭載されている場合)

    CLUSTERPROが使用している通信ポート番号については下記を参照してください。
    • CLUSTERPRO Xの場合

    • スタートアップガイド
    • CLUSTERPRO Ver8.0の場合

    • クラスタ生成ガイド
    • CLUSTERPRO Ver6.0~Ver7.0の場合

    • GUIリファレンス
  • ディスク系のリソースのパーティション配下をスキャン対象から除外する。または、ディスク系リソースの活性後にスキャン対象に追加し、ディスク系リソース非活性前にスキャン対象から削除する。
    スキャン対象の変更がスクリプトが実行が可能な場合には、CLUSTERPROのスクリプトリソースを追加することで、ディスク系のリソースの活性処理の後、非活性処理の前にスクリプトリソース(Ver8.0以前の場合、スクリプト)でシェルスクリプトを実行することで実現が可能です。

    [用意するスクリプト]
    A. スキャン対象を追加、反映するスクリプト
    B. スキャン対象を削除、反映するスクリプト

    ウィルスチェックソフトの仕様に依存しますので、お客様でご用意ください。

    [設定手順概要]
    1. スクリプトリソースを追加します。

    2. 開始スクリプトに上記Aを設定します。
      停止スクリプトに上記Bを設定します。
      依存関係は、ディスク系リソースより浅く(ディスク系リソースの深度数より、追加するスクリプトリソースの深度数が大きく)なるように設定します。

      → ディスク系リソースが活性化された後にAが、ディスク系リソースが非活性化される前にBが実行されます

備考

上記の対処は、すべてのウィルスチェックソフトに対して有効であることを保証するものではありません。
ウィルスチェックソフトの仕様によっては、ディスク系リソースへのアクセスを抑止できない場合があり、そのようなウィルスチェックソフトについては、上記の対処では現象を回避できない場合があります。


CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る