ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X
  5. 動作環境
  6. 動作確認済みMicrosoft Exchange(Ver8.0)
ここから本文です。

CLUSTERPRO for Windows Ver8.0 動作確認済みMicrosoft Exchange

CLUSTERPRO Exchange Server Support Kit R2.0はMicrosoft Exchange 2003 Enterprise ServerとCLUSTERPROを組み合わせることにより、クラスター化するために必要なオプションです。

特長

  • CLUSTERPRO Exchange Server Support Kit R2.0はMicrosoft Exchange 2003 Enterprise ServerとCLUSTERPROを組み合わせることにより、クラスター化するために必要なオプション製品です。
  • 「Microsoft Exchange 2003 Enterprise Server」のフル機能(*1)をサポートしています。
  • ディスク構成は、ミラーディスク型および共有ディスク型の両方から、稼動形態もユーザーの業務に応じて選択でき、システム規模のニーズに応じたシステム構成をとることができます。
  • *1「Microsoft Cluster Service」によるExchangeクラスタシステムと同等機能。
    System Attendant
    Information Store
    POP3,IMAP,SMTP,HTTP
    Microsoft Search(フルテキストインデックス)
    コネクタ(SMTP、Routeingグループ)
    Message Transfer Agent

動作環境

Microsoft Exchange 2003 Enterprise Editionの動作に必要なソフトウェア環境

  • Microsoft Exchange 2003 Enterprise Edition
  • 下記いずれかのソフトウェア
    Microsoft Windows Server2003, Enterprise Edition
    Microsoft Windows 2000 Advanced Server (SP4以降)
  • 下記のいずれかのソフトウェア
    CLUSTERPRO SE for Windows Ver8.0
    CLUSTERPRO LE+ for Windows Ver8.0
    CLUSTERPRO LE for Windows Ver8.0
    CLUSTERPRO SE for Windows Ver7.0
    CLUSTERPRO EE for Windows Ver7.0
    CLUSTERPRO LE for Windows Ver7.0

Microsoft Exchange 2000 Enterprise Serverの動作に必要なソフトウェア環境

  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server(SP3以降)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server (SP4以降)
  • 下記のいずれかのソフトウェア
    CLUSTERPRO SE for Windows Ver8.0
    CLUSTERPRO LE+ for Windows Ver8.0
    CLUSTERPRO LE for Windows Ver8.0
    CLUSTERPRO SE for Windows Ver7.0
    CLUSTERPRO EE for Windows Ver7.0
    CLUSTERPRO LE for Windows Ver7.0

注意事項

  • CLUSTERPRO Ver7.0、Ver8.0に対応しております。
  • CLUSTERPRO Ver7.0での導入には、CLUSTERPROのVer7.05 (UpdateFD:CPRO-NT070-05)以降の適用が必要です。
    Exchange 2003/EE SP1 を使用する場合、Ver7.06 (UpdateFD:CPRO-NT070-06)以降の適用が必要です。
  • Exchange 2003/EE SP2 を使用する場合、アップデートが必要です。アップデートの入手方法については、別途弊社までお問い合わせください。
  • Windows Servre 2003 SP1上でご使用になる際の注意事項について。
  • Microsoft Cluster Serviceがインストールされているかを検知するアプリケーション (*) との同居はしないようにお願いします。
    *:SQLServerなど
  • 2ノードのActive/Activeを構成する場合、サーバーはマルチプロセッサであることが必要です。
  • ESKとの組み合わせで、動作確認が取れたバックアップソフトは以下のとおりです。
    • Windows 2000、Windows 2003 に付属のバックアップユーティリティ
    • Backup Exec 9.1 for Windows Servers
    • NetBackup 4.5(MP6)
    • ARCserve Backup v9 for Windows

  • 一つのグループに、同一のリソースタイプのExchangeリソースを複数登録することはできません。
  • 2ノード:Active/Active の構成とする場合、1ノードあたりのサーバー負荷 (※)が35~40%以下になる様、システム構成を設計する必要があります。1ノードあたりのサーバー負荷が35~40%を超える状態でフェールオーバーが発生した場合、フェールオーバー先のサーバー負荷が高くなり、システムが不安定になることがあります。
    また、サーバーがマルチプロセッサであることをご確認ください。
    ※ サーバー負荷とは、CPU,メモリ,ディスク,ネットワーク等を含めたサーバー全体に関わる負荷を指します。これらの負荷をトータル的に考慮したシステム構成を設計して下さい。
  • その他、構築にあたっての注意事項について、CLUSTERPROシステム構築ガイド(PP編/グループウェア) をご参照ください。

CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る