ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. CLUSTERPRO
  4. CLUSTERPRO X
  5. 動作環境
  6. 注意事項(Linux)
  7. ディスクのアンマウント処理に失敗した場合、アンマウント前に行った書き込みが相手サーバーに反映されないことがある
ここから本文です。

CLUSTERPRO X - Linux版 注意事項

共有ディスク/ミラーディスク/ハイブリッドディスクのアンマウント処理について

現象

ディスクのアンマウント処理に失敗した場合、アンマウント前に行った書き込みが共有ディスクや相手サーバーのミラー対象のディスクに反映されないことがある。

詳細

Linuxのファイルシステムは、書き込んだデータをバッファキャッシュに格納し遅延書き込みを行う場合があります。このとき、バッファキャッシュのデータはアンマウント時に実デバイスに書き込みが行われます。このアンマウント処理が何らかの理由で失敗した場合、バッファキャッシュ上のデータがディスクに書き込まれて無い可能性が生じます。

対策

重要な書き込みデータは書き込み後、"sync" を行っておくようにしてください。もしくは、マウント時のマウントオプションで、-o sync オプションをつけることも有効です。


CLUSTERPRO

ページの先頭へ戻る