ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 中堅・中小企業向けクラウド
  3. クラウドサービスとは?例を交えて解説!初心者にも分かるクラウド入門
  4. 第4回
ここから本文です。

クラウドサービスとは?例を交えて解説!初心者にも分かるクラウド入門 (第4回 ちょっと専門的なクラウドサービスの話)

バナー


クラウドサービスとは? いまひとつ分からない。いまさら人に聞けない。そんな悩みもスッキリ解決。

前回までは、できるだけ分かりやすく、クラウドサービスについて解説をしてきました。最後に、少しだけ専門的な話をします。

クラウドサービスのメリットとデメリット

クラウドサービスのメリットについては先にお話ししましたが、何事もそうであるように、クラウドにも一般的にいわれているデメリットがあります。もう一度、メリットを整理すると同時に、デメリットについてもご紹介します。

クラウドサービスのメリット

  • 社内サーバーが不要
  • IT投資のリスク軽減
  • 常に最新でメンテナンスが不要
  • 導入や維持に関する社内担当者の負担軽減

クラウドサービスのデメリット

カスタマイズが苦手
これは、自社独自のシステムを開発して所有した場合との比較です。よくも、悪くもクラウドサービスは既製品です。何から何まで、自分の会社の都合に合わせてシステムを構築することと比較すれば、ぴったりこないこともあります。ただし、例えば会計ソフトのクラウドサービスなどは、個々の会社の状況に合わせて設定できる項目を多く備えていますので、不自由極まりないといったことはありません。

サービス継続の不安
滅多にあることではありませんが、サービスを提供している会社が、倒産などでサービスを中止してしまったり、ネットワーク障害やサイバー攻撃等でサービスを継続できなくなったりすることもあり得ます。無料のクラウドサービスなどでは、このようなことがしばしばありますが、業務用の有料サービスでは、あまりありません。とはいえ、起こらないことではありませんので、できるだけしっかりした会社から提供されているサービスを選ぶことは大切でしょう。サービスの内容が企業向けか個人向けかを見極めること、サービスレベルや約款に留意することが必要です。

パブリッククラウドとプライベートクラウド

パブリッククラウド

ここまでにご紹介してきたクラウドは、全てインターネットを使い、社外のサービス提供会社のクラウドサービスを利用するものでした。無料のブログや翻訳サービスなども含め、このようなインターネット上のクラウドサービスはパブリッククラウドと呼ばれています。

プライベートクラウド

これとは別に、比較的大きな会社などが、クラウド上に自社専用の環境を作り、この環境から、自社内の各部署や個人に向けて、クラウドサービスを提供することを、プライベートクラウドと呼びます。クラウドサービスのデメリットでご紹介した「カスタマイズ」についても、自由にできる点などでメリットがありますが、構築・維持・管理に、大きな費用と人的な負担が発生します。

SaaS・PaaS・IaaS

最後に、クラウドサービスのシステムとしての提供形態についての、専門的な分類とその呼称を説明します。

SaaS(Software as a Service )

利用者が必要なときに、ネットワークを通じてソフトウエアを使う形態です。まるで、必要なときにサービスを利用するようなスタイルのために、このように呼ばれています。

ソフトウエアの利用形式は、ふたつに分けられ、ひとつはアプリケーションをダウンロードしてから自分のパソコン上で動かして使う形式、もうひとつはサービス提供者のサーバー上で動かす形式です。 クラウドの代表的な提供形態で、このコンテンツでご紹介しているクラウドサービスは、すべてSaaSに分類されます。

PaaS(Platform as a Service)/IaaS(Infrastructure as a Service)

SaaSのように、形作られたアプリケーションを提供するサービスではなく、アプリケーションを作ったり動かしたりするための、基本的なソフトウエアやサーバー環境を提供するサービスです。

業務用サービスを例に説明すると、完成された会計ソフトを提供するのがSaaSであるのに対し、会社独自の会計ソフトを作って動かすために、サーバーや基本ソフトを提供してくれるのが、PaaSIaaSということになります。

BackNumber

第1回 そうか!わかった。クラウドサービス
  • クラウドサービスは「どこ?」が分からないサービス
  • クラウドサービスとは?
  • 「どこ?」がわからないまま使っているクラウドサービスの例
  • クラウドではないことが普通だったから、クラウドという言葉ができた

第2回 業務用クラウドサービスのメリットと必要な環境
  • クラウドのメリット
  • クラウドサービスを利用するための環境について

第3回 業務用のクラウドサービスのいろいろ
  • 勤怠管理クラウドサービス
  • 安否確認クラウドサービス
  • eラーニングクラウドサービス

第4回 ちょっと専門的なクラウドサービスの話
  • クラウドサービスのメリットとデメリット
  • パブリッククラウドとプライベートクラウド
  • SaaS・PaaS・IaaS

ページの先頭へ戻る