ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

プライベートクラウド導入のステップ

リスクを抑えつつ効果的なクラウド導入を実現

どの企業にも業務システムが縦割りで構築されてきた経緯や組織の壁が少なからずあります。このような前提を無視して、一気にシステムを刷新することは投資が過大になるだけでなく大きなリスクをともないます。また、セキュリティや運用の標準化は多くの企業にとってハードルが高く、日々の運用業務に忙しい情報システム部門にとって急激な切り替えは現実的ではありません。このようにプライベートクラウド導入には、現に稼働している企業の業務を維持しながら同時に効率化をすすめなければならないという点で多くの課題が存在します。

そこで、NECでは攻めの投資に向かってプライベートクラウド化を目指すにあたり、投資対効果を見極めながら、仮想化を起点に無理なく段階的に課題を解決しながらクラウド化を進めるステップアップが有効と考えます。

コスト削減や可用性向上を目的とした仮想化導入(一部システム・システム全体)

高い可用性/信頼性を求められるシステムの仮想化にも応えられることが重要です。

クラウド化を推進するためには、まず業務システムのインフラの共有化を進めることが必要で、仮想化はそのために最適な方法の一つです。既存システムへ仮想化の導入は、システムのリースアップ・保守停止やシステム更改時に行うことで、負担を抑えた移行が可能です。さらに、より広範囲のインフラを共有化するには高い可用性や信頼性を求められるシステムも仮想化が必要です。

NECでは、CLUSTERPRO が高可用・高信頼な仮想化システムを実現いたします。

ITリソースの全社最適化を目的とした標準化(インフラ管理の導入)

情報システム部門の管理下で統合的な運用を実現できることが重要です。

仮想化などで共有化されたICTインフラは、適切な方法で一元的に管理することで、必要な時に必要なだけ自由に切り出して利用できる「リソースのプール化」が 可能となります。しかし、このような管理機能は従来の通常の運用管理には存在しないものです。

NECでは、WebSAM SigmaSystemCenterにより、高度なイン フラ管理機能を提供すると同時に、ポリシーベースで自律的に最適なインフラ状態を維持します。これにより管理者の運用負荷を増加させずに、高度なリソース 運用が実現します。

運用管理の効率化とサービスレベルの向上を目的とした運用の自動化

高いスキルを要する自動化を設定するためのポリシー策定が重要になります。

ユーザ要求に応えるITリソースを提供する社内サービスの処理プロセスを自動化する事で、作業実施の迅速化と管理者の作業負荷の軽減、そしてヒューマン エラーの削減ができ、ユーザへのサービスレベルが向上します。一方で、自動化を設定するためのポリシー策定には高いスキルを必要とします。また、効率的な 運用・コスト削減の実現には、複雑化するネットワークの構成変更や運用における作業の軽減も重要となります。

NECでは、WebSAM vDC Automationにて、プライベートクラウドに対応した高いサービスレベルの自動化された運用を実現します。

また、ネットワーク経 路制御の一元化により、シンプルで柔軟なネットワークの構築と運用を、プログラマブルフローでサポートします。

オンデマンドなITリソース調達を目的としたセルフサービス化

日常的な運用管理機能までもエンドユーザへ提供できる高サービスレベルなプライベートクラウドを実現することが重要です。

ITリソースの利用要求に応じ、リソースプールから自動的に仮想サーバが 作成されて提供されること、また、リソースの状況をタイムリーに確認でき ることで、エンドユーザへのサービスレベルの向上になります。管理者に とっては、運用上の負担となる多くの作業が自動的に解決し、全社的なシス テム運用やIT戦略の立案などが可能となります。

NECでは、WebSAM Cloud Managerおよび、WebSAM vDC Automationによりプライ ベートクラウドの実現をサポートします。

図版:オンデマンドなITリソース調達を目的としたセルフサービス化

安心・安全なクラウド環境を支援するセキュリティ

NECでは仮想サーバおよび、物理サーバとの混在環境にも適用可能な統合セキュリティ製品により、仮想化からクラウドシステムまで、 セキュリティの脅威からシステムを守ります。


ページの先頭へ戻る