ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. プライベートクラウド(自社構築)
  5. 導入のアプローチ
  6. SDNの活用
ここから本文です。

SDNを活用し仮想化のメリットを最大化

サーバ仮想化により、新たに仮想マシンを追加したり、負荷分散のために異なる物理サーバへ移動させたりすることが容易になります。しかし、従来のネットワークのままでは、仮想マシンの構成変更に合わせて自動的に設定変更することができないため、ネットワーク技術者がコンソール画面から個別にネットワーク機器を設定することになり、システム規模が大きくなるほど運用が煩雑化してしまう課題があります。さらには、設定変更に合わせて、サーバ運用者とネットワーク運用者が互いに設定内容を調整しながら、変更作業を行わなければならないため、多くの作業工数を必要とします。また、サーバ集約により物理サーバの台数が削減できても、部門ごとに物理ネットワークを分離する必要がある場合は、ネットワーク機器の削減は困難です。

これらの課題の解決策として注目されているのが、ネットワーク全体をソフトウェアで集中制御する新しい概念のSDN(Software-Defined Networking)です。SDNを活用することで、ネットワークの仮想化によるリソースの有効活用や、従来よりもダイナミックな構成変更が可能になり、システム全体の柔軟性向上と運用の効率化が図れます。これによって、リソース提供までのリードタイムを短縮するなど、サービスの競争力向上にも貢献できます。

図版:SDNの活用

検討すべきポイント

サービスの競争力を高めるネットワークプラットフォームの導入

競争力のある高付加価値サービスの提供のためには、迅速なシステム構築、ネットワーク変更などの運用管理負荷の低減、初期導入段階における機器コストの抑制、万一の障害時にもサービスを停止せずに速やかに復旧する高い信頼性、サービス無停止で実施できるメンテナンス性などを検討する必要があります。しかし、システムの根幹となるネットワークの設計・構築・運用・保守の各段階でネットワーク技術者を中心に複数の人の手を介す作業が残ったままでは様々な難題が待ち受けています。そこで、サービス開発者がシステム全体を管理でき、プラットフォームを一括で設定できるような自動化された仕組みを検討していくことが重要になります。

運用コストの低減と高い安全性を両立

複数の異なるセキュリティポリシーのネットワークを敷設する場合、物理ネットワークをセキュリティポリシー毎に分けて構築するケースがありました。このケースでは、分割した物理ネットワーク毎にファイアウォールやロードバランサを多段に準備したり、可用性を考慮して2重化構成とするなど設計段階で組み込む必要があり、必然的に機器台数の増大と管理の複雑化が進み運用管理負荷が膨らんでしまいます。ネットワークにおいてもサーバ仮想化と同様に限りあるリソースを有効活用し、運用コストの抑制と安全性の確保を両立する仕組みを検討することが重要です。

ネットワーク仮想化への適性投資

ネットワークの運用効率化や設備コスト最適化には、ネットワーク仮想化の導入が有効です。ネットワーク仮想化に対応したネットワーク機器が必要ですが、投資を無駄にしないために、既存ネットワークも活用しつつ、段階的に適用していくことが重要です。

提供するソリューション

SDNを活用して、ネットワークのシンプル化・可視化・仮想化を実現

SDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」により、ネットワーク全体を一つの仮想的なスイッチのように管理し、独立した仮想ネットワークを容易に構築したり、障害発生時には自動的に迂回経路を設定することが可能です。サーバ仮想化環境やプライベートクラウドにおけるネットワークの課題を解決します。

SDN Ready製品で、段階的な導入を支援

既存技術のネットワーク機器として使用しながら、将来的に既存ネットワーク環境のSDN化が必要になった時点で、SDN機能を有効にできる「SDN Ready」製品により、インフラ投資を無駄にせず、必要なタイミングでSDNへ移行できます。

SDNの活用事例

港区教育委員会様

デスクトップ、サーバ、ネットワークのすべてを集中仮想化。次世代を見据えた高セキュリティ教育ICTインフラをHyper-VとSDNで確立

品川区様

全庁仮想化共通基盤、クラウドへの移行に向け、次のIT環境を担うネットワークとしてSDNを採用

さらにSDNについて詳しく知りたい方は

ページの先頭へ戻る