ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. Windows更新プログラム管理
ここから本文です。

Windows更新プログラム管理のパターン

お客様ニーズ
  • システム環境のセキュリティ向上のため、サーバーのインターネットアクセスを禁止している場合でも、Windows更新プログラムの修正パッチをダウンロードしたい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで、Windows Server Update Services(以下、WSUS)を導入したサーバを構築する。

パターンの説明

Windows更新プログラム管理

Windows更新プログラム管理を実現するパターン

(前提)

  • ファイアーウォールとサーバ接続用LANが作成されていること。

(手順)
  • セルフサービスポータル画面から、仮想サーバを新規作成する。
  • 仮想サーバへWSUSをインストールする。
  • WSUSを構成するための設定を行う。
  • メンテナンス対象サーバのWindowsUpdateを、WSUSサーバに接続する構成にする。
  • WSUSサーバにメンテナンス対象サーバを登録する。
  • WindowsUpdateの更新プログラムをWSUSサーバにダウンロードし、必要な更新プログラムをメンテナンス対象サーバに展開する。

メリット

  • システムのセキュリティを保ちながら、Windows更新プログラムのアップデートを行うことができる。

注意点

  • 本パターンは、Windowsサーバを対象としている。
  • 本パターンは、ActiveDirectoryを使用しない環境としているため、ローカルグループポリシーエディターの設定変更を行うことでWSUSサーバにメンテナンス対象サーバを接続することを可能としている。
  • WSUSのレポート表示を行うために、MicrosoftReportViewer再頒布可能パッケージ2009のインストールが必要となる。

クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る