ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. オブジェクトストレージ:高速アップロード
ここから本文です。

オブジェクトストレージ:高速アップロードのパターン

お客様ニーズ
  • オブジェクトストレージへ直接データをアップロードすると時間を要するので、アップロード処理時間を短縮したい。
解決策
  • NEC Cloud IaaS上にアップロード用の中継サーバを作成し、UDPでデータを高速転送する。

パターンの説明

オブジェクトストレージ:高速アップロード

オブジェクトストレージへの高速アップロードを実現するパターン

(前提)

  • NEC Cloud IaaSのテナント内にサーバ接続用LANとファイアーウォールが作成されていること。

(手順)
  • オブジェクトストレージを利用し、バケットを作成する。
    ※「オブジェクトストレージのパターン」を参照
  • ユーザー環境と、中継用仮想サーバにUDPファイル転送ツールのインストールと設定を行う。
  • 中継用仮想サーバにs3cmdのインストールと設定を行う。
  • 中継用仮想サーバに、UDPでデータを転送する。
  • 中継用仮想サーバから対象データをオブジェクトストレージへ、TCPでアップロードする。

メリット

  • アップロード処理時間を、HTTPによってオブジェクトストレージへ直接アップロードするよりも、UDPベースでアップロードサーバを利用したほうが早い。

注意点

  • 本パターンはオブジェクトストレージ(CN)を対象としている。
  • 本パターンは、Linuxサーバを対象としている。
  • アップロード中継サーバからオブジェクトストレージへアップロードするまでにタイムラグが発生するため、アップロード元サーバからオブジェクトストレージへ直接アップロードするよりも総時間が大きくなる可能性がある。
  • UDPファイル転送ツールはファイルを送受信するサーバすべてにインストールする必要がある。

NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る